事例流通IoT

業務上の課題

人手の確保が大変な流通現場の最前線で煩雑な在庫管理・発注業務負担を少しでも減らしたい。過去に誤発注や過剰在庫を抱えて大量の廃棄を行った…
スーパーマーケットやホームセンター等の流通・小売店では、取扱う商品数が数千種類と非常に多く、在庫管理や棚卸・発注業務に日々多くの時間を割かれています。
発注システムは導入されている一方で目視での在庫管理や棚卸、システムへの入力業務は未だに手動で行われている現場が非常に多いのも事実です。
> 当社IoT機器スマートマット導入を通じ、流通現場での日々の在庫管理や棚卸・発注業務の完全自動化が可能です。
また既存の発注システムとのデータ連携も対応出来るので、既存の発注オペレーションに混乱をきたすことがありません。
在庫管理や受注業務を自動化することで、流通現場での非効率的な在庫管理・棚卸・発注業務に割く人員を劇的に少なくし、労働生産性の向上と従業員のモチベーション・アップといった効果が見込まれます。
IoT機器スマートマットは以下のようなシーンで流通現場における在庫管理・棚卸・発注業務の悩みを解決可能です。

お客様の生の声
発注システムはあるものの、在庫管理や棚卸・入力作業はマニュアル対応で効率が悪い
過去に発注業務で誤発注や欠品があり、店舗での損益に悪影響があった
発注業務を行う幹部職員への業務負荷が集中しているが、パートやアルバイトに発注業務を任せるのは不安
欠品等を顧客から指摘され、顧客満足度が著しく下がったことがある
生鮮品や食材の廃棄ロスが収益を圧迫している
流通 在庫管理 バックヤード流通 在庫管理 飲料流通 在庫管理 お茶流通 在庫管理 水

計測商品・置き場所の例

小売店舗では、店舗自動化・省人化の大きな流れの中で、バックヤード在庫の自動発注、棚への補充効率化のニーズが強いです。
置き場所は、基本はバックヤードでの資材発注の自動化、在庫水準の適性化がメイン。商品コンテナ・棚への効率的な補充で売り逃しを防ぐケースもあります。

計測商品(例)
店舗で配布する販促印刷物
レジ消耗品・包装資材
店舗棚の小売商品
業務用洗剤・店舗資材
置き場所(例)
店舗バックヤードの棚
商品コンテナ・棚
店舗バックヤードの床
流通 在庫管理 ジュース流通 在庫管理 お茶流通 在庫管理 消耗品流通 在庫管理 商品

スマートマットによる効果

スマートマットで業務を自動化することで、流通業界(卸・小売)における在庫管理・発注が大幅に楽になります。
商品数が非常に多く、種類も多岐に渡るため、小さな改善が大きくコスト・生産性にインパクトを与えることが多いです。

業務効率化
既存オペレーションを変えることなく、低価格で発注業務の省人化が可能
従業員が在庫管理・発注業務から開放され、重要業務に集中できる
働き方改革
煩わしい単純作業が軽減するため、残業が少なくなる
廃棄ロス低減・コスト削減
無駄な発注、在庫量圧縮につながるため、廃棄ロスの低減につながる
消費データ、タイミングの分析により、いつ店頭に並べるか・発注するかが最適化できる
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

流通IoTの個社事例

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

オフィスIoT 飲食IoT スマート工場 物流IoT 流通IoT スマートホテル 医療IoT 介護IoT スマートホーム その他サービス業
人手不足 働き方改革 発注ミス 過剰在庫・欠品 盗難防止 資材管理 仕掛品管理 物流効率化 ゴミ回収 遠隔監視 賞味期限管理 フードロス 冷蔵庫管理 消費データ 異常検知