事例働き方改革

現状

2019年4月より、ついに働き方改革法案が施行されました。
処遇改善・労働生産性向上・長時間労働の是正、柔軟な働き方の環境整備、多様な人材の活躍に関する9つの分野にまたがる大きな法案です。

具体的には、下記3つの視点から働き方を変えることが求められています。

労働効率化: 労働生産性を上げて、残業を減らす。
労働多様化: ITツールを活用して在宅・オフィス外で仕事ができるように
労働一般化: 高齢者・育児中の女性も働きやすいように

残業や有給休暇の申請に関して、違反した企業には罰則も与えられるようになるため、
とりわけ労働者1人平均有給休暇取得日数が少ないとされる建設業、卸売行、小売業、宿泊業、飲食サービス業、生活関連サービス業、娯楽業の業界にとっては業務の標準化・効率化を通じて、労働生産性を高めることは喫緊の課題です。

お客様の生の声
様々な業務・不規則な労働時間・休暇の少なさなど従業員に対して現在とても過酷な状況になっているので、
業務効率化を図る必要がある
不定期にパンフレットの数量を社員が確認する際、種類や数量が多く、棚卸業務は社員にとって負担になっている
IoTツールを導入して配送スタッフの労働時間を削減したい
在庫切れのリスクを減らし、発注状況の確認作業をする必要をなくしたい

IoT機器スマートマットは、在庫チェック・在庫量のカウントといった単純作業を機械化するために、大手含め全業種で3,000台以上が導入され、活用されています。
単純作業を機械化することで、社員のモチベーション低下を防ぎ、人の生産性を大きく高めています。
簡単に導入でき、コードレスで置き場所を選ばないことも、決め手になっています。

スマートマット導入による効果

実際にスマートマットを導入した事業者さまの実際の声をもとに、業種ごとにスマートマット導入による効果をまとめました。

オフィス
総務部門が在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、社員の業務負担軽減が促進された
実際にチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマット導入後は
ほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になり、より価値のある仕事に集中できるようになった
物流
顧客から「自動発注されるので資材切れを気にしなくて良くなった」と好評
複数の顧客の商材確認を踏まえた配送ルートを効率化し、配送スタッフの労働時間を削減できる
介護施設
在庫管理の見える化・自動化を通じ現場スタッフの業務負担軽減を実現
サービスの質の向上、施設見学に訪れるお客様の満足度向上にも寄与
働きやすい職場をアピールすることで、企業イメージの向上、離職率ダウンにも貢献
工場
工場の現場まで行かずとも生産管理課がオフィス内から在庫量・数を管理出来る体制が構築できた
在庫管理に費やしていた時間・人的コストの削減に寄与し、重要業務への集中が可能になった
ホテル
従業員に対しての作業効率だけでなく宿泊者に対しての満足度も向上できる
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

働き方改革の個社事例

富士ゼロックス株式会社 | IoT導入を通じてショールーム運営におけるコピー用紙などの消耗品の在庫管理・発注を自動化して省人化を実現

IoT機器スマートマットを活用した在庫管理・発注自動化ソリューションの導入に関し、今回は富士ゼロックス株式会社の熊谷様にお話を伺いました。 六本木ショウルームの概要をお聞かせください。 熊谷様 5階と6階でショウルームを […]

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

オフィスIoT 飲食IoT スマート工場 物流IoT 流通IoT スマートホテル 医療IoT 介護IoT スマートホーム その他サービス業
人手不足 働き方改革 発注ミス 過剰在庫・欠品 盗難防止 資材管理 仕掛品管理 物流効率化 ゴミ回収 遠隔監視 賞味期限管理 フードロス 冷蔵庫管理 消費データ 異常検知