事例賞味期限管理

農林水産省と環境省が公表した平成27年度の食品廃棄物等及び食品ロス量の推計結果によると、食品廃棄物等は約2,842万トン。このうち、本来食べられるにもかかわらず、捨てられてしまった食品ロスは、約646万トンであると推計されました。
食品ロス量を削減するにはこまめな賞味期限管理が必須となります。しかし、日々の在庫量に加え、賞味期限チェックも逐一行うのは非常に手間と時間がかかります。特に、賞味期限のラベルチェックが思いのほか手間がかかります。
過剰在庫や賞味期限チェックミスは食材の即廃棄につながり、売上原価に甚大な損失を与えます。環境・社会的責任の面でも企業のイメージはマイナスになってしまいます。このように、フードロス・食料廃棄の問題は、事業者様にとって喫緊の課題となっています。

IoT機器スマートマットの導入により、食材の在庫を可視化し、消費スピードの自動計算と、それに基づく異常検知や発注タイミング最適化を可能にします。在庫が急激に減った場合には異常検知アラートが作動するので、在庫推移の異常に早期対応することが可能です。また、滞留在庫の賞味期限アラート機能を搭載しているので、賞味期限の迫っている食材から率先して使用するなど効果的なフードロス対策を行えます。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

賞味期限管理の個社事例

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

オフィスIoT 飲食IoT スマート工場 物流IoT 流通IoT スマートホテル 医療IoT 介護IoT スマートホーム その他サービス業
人手不足 働き方改革 発注ミス 過剰在庫・欠品 盗難防止 資材管理 仕掛品管理 物流効率化 ゴミ回収 遠隔監視 賞味期限管理 フードロス 冷蔵庫管理 消費データ 異常検知