事例消費データ・消費動向

消耗品のデータを得るには?

消耗品は日々消費され、その都度発注をかけられ補充されています。 しかし、世間には、消耗品の消費データは存在しません。 仮に消耗品の消費データがあれば、消費動向を把握でき、利用価値は非常に高いです。 無駄に発注をかけてしまったり、逆に発注数が少なすぎたりすることもなくなるでしょう。 欠品を起こしてしまう可能性もなくなります。 消耗品の消費データの需要が市場で高まる中、IoTデバイスを利用した消耗品の在庫管理方法が注目されています。

お客様の生の声

オフィス IoT スマートマット

オフィス

大手コピーメーカー

商品カタログをショールームに展示しているが、トレンドや取得履歴が分からず、マーケティング戦略検討の基礎データがない

介護 IoT スマートマット

介護

介護施設
事業者

消耗品の発注が月1回のため、足りなくなったり在庫を抱えてしまったりする

工場 IoT スマートマット

工場

金属部品
工場

顧客からの急な発注が生産性改善の阻害要因になっている

当社IoT機器スマートマットの導入により、在庫管理・発注の自動化を可能にし、消耗品の消費動向をデータ化することが可能です。 消費データは、単に発注ミスを防ぐのみならず、マーケティング分析に大いに活用することができ、オペレーション最適化、サービスの質の向上にも有効です。さらに、予実管理に役立てることも可能です。

現在、スマートマットは幅広い業界で導入されています。 電池・電源両方で使用可能なため、置き場所を選ばない点も導入の決め手になっています。

スマートマット導入による効果

実際にスマートマットを導入した事業者さまの事例をもとに、業種ごとにスマートマット導入による効果をまとめました。

オフィス
総務部門が在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、重要業務に集中できるようになった
実際にチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマット導入後は
ほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
在庫管理と発注業務を自動化することで、業務の負担を減らし、働き方改革を推進したい
物流
顧客から「自動発注されるので資材切れを気にしなくて良くなった」と好評
急な発注依頼がなくなり、配送効率が改善された
介護施設
在庫管理の見える化・自動化を通じ現場スタッフの業務負担軽減を実現
働きやすい職場をアピールすることで、企業イメージの向上、離職率ダウンにも貢献
工場
工場の現場まで行かずとも生産管理課がオフィス内から在庫量・数を管理出来る体制が構築できた
週に1度の実地棚卸も不要となり、社員はより重要業務への集中が可能になった
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

消費データ・消費動向の個社事例

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求