事例フードロス(食品ロス)・食料廃棄

フードロス(食品ロス)の現状と対策

農林水産省と環境省が公表した平成27年度の日本での食品廃棄物等及び食品ロス量の推計結果によると、食品廃棄量は約2,842万トン。このうち、本来食べられるにもかかわらず、捨てられてしまった食品ロスは、約646万トンであると推計されました。これは毎日、大型トラック(10トン車)トラック約1,700台分の食品を廃棄している換算になり、日本の人口1人当たりの食品ロス量は年間約51キログラムにもなります。また、日本の食品ロス量年間643万トンのうち、家庭以外の事業系から廃棄されている量は約55%の352万もあります。

特に目立つのが毎年2月の恵方巻きシーズンです。メディア各紙がこぞって特集する食品大量廃棄の問題。また、クリスマスシーズンにもケーキの廃棄問題が盛んに話題になります。これらは世間の需要に見合っていない過剰生産が原因となっています。

廃棄するのみならず、廃棄物を処理するにも多額のコストがかかってしまっている場合もあります。過剰在庫や賞味期限チェックミスは食材の即廃棄につながり、売上原価に甚大な損失を与えます。

また、環境・社会的責任の面でも大量の食品ロスは企業のイメージがマイナスになってしまいます。フードロス(食品ロス)・食料廃棄の問題は、現場では二の次にされがちですが、フードロス(食品ロス)の削減の推進に関する法律も施工される予定で事業者様にとっても社会的にも喫緊の課題となっています。

飲食店等における食品の廃棄量を減らすためには、食料の在庫をこまめに管理し、過剰在庫を持たないようにしなければなりません。ただ、在庫確認は時間と手間がかかるのため、そう頻繁に行えるものでもありません。また、慢性的な人手不足の現場においては、他の業務に追われてなかなか在庫管理の時間がとれない現状があります。

食品ロス(フードロス)の削減の推進に関する法律

上記のような現状と背景を踏まえて日本でも、「食品ロスの削減の推進に関する法律」(略称 食品ロス削減推進法)が、 令和元年5月31日に令和元年法律第19号として公布され、令和元年10月1日に施行されます

食品ロス(フードロス)の問題について食品ロスの削減の推進に関する法律からの抜粋

・我が国ではまだ食べることができる食品が大量に廃棄

・持続可能な開発のための 2030 アジェンダ(2015年国連総会決議) でも言及

・世界には栄養不足の状態にある人々が多数存在する中で、とりわけ、大量の食料を輸入し、食料の多くを輸入 に依存している我が国として、真摯に取り組むべき課題であることを明示

・食品ロスを削減していくための基本的な視点として、①国民各層がそれぞれの立場において主体的にこの課題 に取り組み、社会全体として対応していくよう、食べ物を無駄にしない意識の醸成とその定着を図っていくこ と、②まだ食べることができる食品については、廃棄することなく、できるだけ食品として活用するようにし ていくことを明記。多様な主体が連携し、国民運動として食品ロスの削減を推進するため、本法を制定する旨を宣言

引用元:食品ロスの削減の推進に関する法律の概要
リンク:消費者庁:食品ロスの削減の推進に関する法律

食料の在庫・廃棄に対するお客様の生の声

食料の在庫・廃棄に対するお客様の生の声でも代表的なものを集めました

飲食 IoT スマートマット

サービス業

施設内飲食サービス担当

ドリンク類を提供出来ない事態があっては困るため、常に多めの在庫を抱えているが、結果として過剰在庫になっている

業者 IoT スマートマット

流通

配食事業者

牛乳等の賞味期限が短い乳製品の賞味期限管理を手軽に行いたい

物流 IoT スマートマット

飲食/p>

都圏ホテル料理長

料理部門はレストランの収益責任を負っており、フードロス削減の施策は優先度が低い

レストランやホテルなどでは売上のメインを担っている部分のためどうしても過剰に在庫を抱えがちになってしまうようです。 また、多忙な中で直接目視確認できない冷蔵庫の中やキッチンから離れた箇所に設置してあるフード類の管理は 非常に難しいようです。

上記の問題は、 最新のIoT機器であるスマートマットの導入で解決できます。

例えば、下記は食品ロスに対するホテルでの取り組みの1例です。

スマートマットは重量ベースで在庫管理ができるIoT機器です。スマートマットの特徴としては下記となります。

  • 目の届きにくい冷蔵庫の中の在庫管理にも利用できます。
  • 厨房と離れているバイキングなどのビュッフェ形式の食品の増減も検知して通知してお知らせしてくれます。
  • 重量ベースで在庫の量を可視化し、消費スピードの自動計算と、それに基づく異常検知や発注タイミング最適化を可能にします。
  • 在庫が急激に減った場合には異常検知アラートが作動するので、在庫推移の異常に早期対応することが可能になります。
  • 滞留在庫の賞味期限アラート機能も搭載しているので、賞味期限の迫っている食材から率先して使用するなど効果的なフードロス対策を行えます。

スマートマット導入による効果

実際にスマートマットを導入した事業者さまの実際の声をもとに、業種ごとに導入効果をまとめました。

オフィス
総務部門が在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、重要業務に集中できるようになった
実際にチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマット導入後は
ほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
小売店
自動で商品在庫の数量が見える化できた。それによって安全在庫の把握が出来るので、万が一のトラブルも防げる
在庫管理に関して属人化・個人に依存していた作業を、誰でも管理可能な体制に変えられた
サービス業
食事・ドリンク類の欠品を無くすことで消費者満足度の向上を図る
残量データを分析することで調理量の調整を行い、フードロスを削減できる
スタッフがマニュアル対応していた実在庫の確認や発注・補充業務の効率を格段にアップ
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

フードロス(食品ロス)・食料廃棄の導入事例

食材や消耗品の管理・発注がすべて自動に。作業軽減で人手不足解消 | 焼肉ホルモン三四郎(飲食)

株式会社アリシア 創業者 三四郎さま/現場統括 小松さま 「焼肉のパワーで世界中を元気にする」をコンセプトに焼肉・ホルモン店・中食事業所センターを運営。「おもてなしの心」「和食の繊細な技術」を重視した「日式焼肉」で、世界 […]

空港ラウンジ内の食材やドリンクサービスの食品ロス対策で業務効率アップ | ANA

全日本空輸株式会社(ANA) 大隅さま/安永さま ANAエアポートサービス株式会社 山谷さま ANAを利用する乗客の利便性・顧客体験向上、現場スタッフの業務負担軽減や省人化をテーマに常に業務改善プロジェクトに取り組む。 […]

IoTで生鮮食品の在庫管理を自動化。働き方改革へ|飲食チェーン店

飲食業者 全国に飲食事業を展開している業者様にスマートマット導入について伺いました。 業務上の悩み 人手不足の状況が深刻で、在庫管理・発注を店長自身がやらざるを得ず、労働環境の改善が必要な状況 また発注方法もFaxなので […]

食品からアメニティ・リネン類までの発注をスマートマットで自動化|ホテル運営事業者

スマートマット導入 宿泊業者様 全国各所に宿泊施設やレストランを持つ総合宿泊事業者様にスマートマットを導入いただきました。 業務上の悩み 日常的に利用する食品・飲料・雑品・アメニティなどを管理する必要があり、それぞれ管理 […]

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

オフィスIoT 飲食IoT スマート工場 物流IoT 流通IoT スマートホテル 医療IoT 介護IoT スマートホーム その他サービス業 スマート農業IoT
人手不足 働き方改革 発注ミス 過剰在庫・欠品 盗難防止 資材管理 仕掛品管理 物流効率化 ゴミ回収 遠隔監視 賞味期限管理 フードロス 冷蔵庫管理 消費データ 異常検知