事例フードロス・食料廃棄

フードロスの現状と対策

農林水産省と環境省が公表した平成27年度の日本での食品廃棄物等及び食品ロス量の推計結果によると、食品廃棄量は約2,842万トン。このうち、本来食べられるにもかかわらず、捨てられてしまった食品ロスは、約646万トンであると推計されました。 毎年2月、恵方巻きシーズンになるとメディア各紙がこぞって特集する食品大量廃棄の問題。クリスマスシーズンにもケーキの廃棄問題が盛んに話題になります。これらは世間の需要に見合っていない過剰生産が原因となっています。 廃棄するのみならず、廃棄物を処理するにも多額のコストがかかってしまっている場合もあります。過剰在庫や賞味期限チェックミスは食材の即廃棄につながり、売上原価に甚大な損失を与えます。環境・社会的責任の面でも企業のイメージはマイナスになってしまいます。フードロス・食料廃棄の問題は、現場では二の次にされがちでもあるので、事業者様にとって喫緊の課題となっています。 飲食店等における食品の廃棄量を減らすためには、食料の在庫をこまめに管理し、過剰在庫を持たないようにしなければなりません。しかし、在庫確認は時間と手間がかかるので、そう頻繁に行えるものでもありません。また、慢性的な人手不足の現場においては、他の業務に追われてなかなか在庫管理の時間がとれない現状があります。

お客様の生の声

飲食 IoT スマートマット

サービス業

施設内飲食サービス担当

ドリンク類を提供出来ない事態があっては困るため、常に多めの在庫を抱えているが、結果として過剰在庫になっている

業者 IoT スマートマット

流通

配食事業者

牛乳等の賞味期限が短い乳製品の賞味期限管理を手軽に行いたい

物流 IoT スマートマット

飲食/p>

都圏ホテル料理長

料理部門はレストランの収益責任を負っており、フードロス削減の施策は優先度が低い

そこで、 IoT機器スマートマットの導入を提案します。 在庫を可視化し、消費スピードの自動計算と、それに基づく異常検知や発注タイミング最適化を可能にします。在庫が急激に減った場合には異常検知アラートが作動するので、在庫推移の異常に早期対応することが可能になります。また、滞留在庫の賞味期限アラート機能も搭載しているので、賞味期限の迫っている食材から率先して使用するなど効果的なフードロス対策を行えます。

スマートマット導入による効果

実際にスマートマットを導入した事業者さまの実際の声をもとに、業種ごとにスマートマット導入による効果をまとめました。

オフィス
総務部門が在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、重要業務に集中できるようになった
実際にチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマット導入後は
ほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
小売店
自動で商品在庫の数量が見える化できた。それによって安全在庫の把握が出来るので、万が一のトラブルも防げる
在庫管理に関して属人化・個人に依存していた作業を、誰でも管理可能な体制に変えられた
サービス業
食事・ドリンク類の欠品を無くすことで消費者満足度の向上を図る
残量データを分析することで調理量の調整を行い、フードロスを削減できる
スタッフがマニュアル対応していた実在庫の確認や発注・補充業務の効率を格段にアップ
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

フードロス・食料廃棄の個社事例

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求