事例仕掛品管理

手軽に仕掛品管理したい!

生産現場において、完成品はきちんと管理していても、仕掛品はおざなりになっていませんか? 製品を生産している途中で、組立や加工を行う最中のもの全てを指す仕掛品は、 製造リードタイムが長ければ長いほど、種類と量は増えていきます。

在庫の単価は、以下のようになっています。

部品(材料)< 仕掛品 < 製品

仕掛品は、各種部品の組み合わせでもありますが、作業や加工などの人件費もかかっています。つまり、在庫としての単価は、単なる部品コストの組み合わせではありません。仕掛品がたまると、部品をはるかに超えるコストが流出します。 また、仕掛品の在庫は必要最小限になるような管理をしないと、工程が複雑になって、混沌とした生産ラインになってしまい、生産性の悪化にもつながります。 生産現場では納期の迫っている注文から優先的に流そうとするため、部材がそろい次第、空いている設備に投入していきます。 その影響が他の注文、他の設備に波及して、あちこちに仕掛品の滞留ができ、生産計画を立てることが出来なくなり、手に負えなくなってしまうのです。 その結果、結局納期遅れを引き起こすことになり、それによる失注も発生しかねません。 そのような中で、現在IoTソリューションを利用した仕掛品などの在庫管理方法が注目されています。

工場 在庫管理工場 在庫管理 部品工場 在庫管理 部品工場 在庫管理 鉄部品

お客様の生の声

飲食店 IoT スマートマット

飲食

飲食店

ドリンク類を提供出来ない事態があっては困るため、常に多めの在庫を抱えているが、結果として過剰在庫になっている

介護 IoT スマートマット

介護

介護施設
事業者

バックオフィスにおける業務をIoT活用して効率化したい

小売店 IoT スマートマット

メーカー

在庫の数量を見える化して、安全在庫を把握したい

介護 IoT スマートマット

介護

介護施設
事業者

消耗品の発注作業が月1回のため、足りなくなったり在庫を抱えてしまったりする

工場 IoT スマートマット

工場

金属部品
工場

毎日動く仕掛品の数を管理することはできず、時折工場担当者が目視でチェックするのみで、
気づいたら在庫が切れている

当社IoT機器スマートマットの導入により、仕掛品をはじめとする備品の自動在庫管理を可能にし、現場の生産性を高めます。
IoT機器スマートマットは、在庫チェック・在庫量のカウントといった単純作業を機械化するために、大手含め全業種で3,000台以上が導入され、活用されています。
単純作業を機械化することで、社員のモチベーション低下を防ぎ、人の生産性を大きく高めています。
簡単に導入でき、コードレスで置き場所を選ばないことも、決め手になっています。

スマートマット導入による効果

実際にスマートマットを導入した事業者さまの実際の声をもとに、業種ごとにスマートマット導入による効果をまとめました。

オフィス
総務部門が在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、重要業務に集中できるようになった
実際にチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマット導入後は
ほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
物流
顧客から「自動発注されるので資材切れを気にしなくて良くなった」と好評
急な発注依頼がなくなり、配送効率が改善された
介護施設
在庫管理の見える化・自動化を通じ現場スタッフの業務負担軽減を実現
働きやすい職場をアピールすることで、企業イメージの向上、離職率ダウンにも貢献
工場
工場の現場まで行かずとも生産管理課がオフィス内から在庫量・数を管理出来る体制が構築できた
週に1度の実地棚卸も不要となり、社員はより重要業務への集中が可能になった

IoT機器スマートマットは、在庫チェック・在庫量のカウントといった単純作業を機械化するために、大手含め全業種で3,000台以上が導入され、活用されています。
もう安全在庫に悩む必要はありません。消費動向をデータ化できるので、それを踏まえた対策を行うことができ、在庫回転率の向上にも寄与します。
単純作業を機械化することで、社員のモチベーション低下を防ぎ、人の生産性を大きく高めています
簡単に導入でき、コードレスで置き場所を選ばないことも、決め手になっています。

スマートマット導入による効果

実際にスマートマットを導入した事業者さまの実際の声をもとに、業種ごとにスマートマット導入による効果をまとめました。

オフィス
総務部門が在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、重要業務に集中できるようになった
実際にチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマット導入後は
ほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
小売店
自動で商品在庫の数量が見える化できた。それによって安全在庫の把握が出来るので、万が一のトラブルも防げる
在庫管理に関して属人化・個人に依存していた作業を、誰でも管理可能な体制に変えられた
サービス業
食事・ドリンク類の欠品を無くすことでお客様満足度の向上を図る
残量データを分析することで調理量の調整を行い、フードロスを削減できる
スタッフがマニュアル対応していた実在庫の確認や発注・補充業務の効率を格段にアップ

IoT機器スマートマットは、在庫チェック・在庫量のカウントといった単純作業を機械化するために、幅広い業界で活用されています。
仕掛品の在庫管理を自動化することで、仕掛品の在庫を必要最小限になるように調整することができます。
仕掛品の滞留もなくし、生産性を大きく高めます。
コードレスで置き場所を選ばないことも、導入の決め手になっています。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

仕掛品管理の個社事例

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求