事例物流効率化・物流費高騰

物流を効率化するには?

物流業界では、消耗品・資材を納める際、エンド・ユーザーから急に発注依頼がくるので、配送効率が改善されないという現状があります。 エンド・ユーザーの立場から見れば「配送会社が直ぐに持参して当たり前」との意識が強く、在庫が無くなる直前まで連絡が来ないケースもあります。 現在の受動的な消耗品在庫管理体制から、能動的な体制にシフトチェンジする必要があります。 そこで、現在IoTソリューションを利用した在庫管理方法が注目されています。

お客様の生の声

飲食店 IoT スマートマット

飲食

飲食店

ドリンク類を提供出来ない事態があっては困るため、常に多めの在庫を抱えているが、結果として過剰在庫になっている

物流 IoT スマートマット

物流

包装資材卸 海外事業部(マレーシア)

組立工場での消耗品・備品は従業員のマニュアル管理/都度発注で効率が悪い(手書き)

小売店 IoT スマートマット

メーカー

在庫の数量を見える化して、安全在庫を把握したい

介護 IoT スマートマット

介護

介護施設
事業者

消耗品の発注が月1回のため、足りなくなったり在庫を抱えてしまったりする

工場 IoT スマートマット

工場

金属部品
工場

毎日動く現場での仕掛品の数を管理することはできず、時折工場担当者が目視でチェックするのみで、
気づいたら在庫が切れている

IoT機器スマートマットの導入により、在庫管理・発注を自動化することができます。在庫を可視化するので、消費スピードを自動計算し、平均消費速度の分析から発注点を最適化します。在庫が急激に減った場合には異常検知アラートが作動し、急な需要変動にも早期に対応することもできます。
管理画面を通じて資材の在庫情報の一元管理ができ、エンド・ユーザーの視点から見ても、資材切れを気にする必要がなくなり、トラブル回避になります。
長期的な視野で見れば、Fax発注またはメール発注を通じた、顧客からの受注業務の省人化・自動化も可能です。

スマートマット導入による効果

実際にスマートマットを導入した事業者さまの実際の声をもとに、業種ごとにスマートマット導入による効果をまとめました。

オフィス
総務部門が在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、重要業務に集中できるようになった
実際にチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマット導入後は
ほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
小売店
自動で商品在庫の数量が見える化できた。それによって安全在庫の把握が出来るので、万が一のトラブルも防げる
在庫管理に関して属人化・個人に依存していた作業を、誰でも管理可能な体制に変えられた
サービス業
食事・ドリンク類の欠品を無くすことでお客様満足度の向上を図る
残量データを分析することで調理量の調整を行い、フードロスを削減できる
スタッフがマニュアル対応していた実在庫の確認や発注・補充作業の効率を格段にアップ
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

物流効率化・物流費高騰の個社事例

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求