事例発注ミス・数え間違い

発注ミスを防止する対策とは?

小さな発注ミスが大きな損失になることも・・。 発注ミスは業者様にとって避けられない問題です。 発注の際に記録を残さない限り、取引先と「言った/言わない」のトラブルになる可能性もあります。 特に、電話やFAXでの受注においてはミスが起こりやすいと言われています。 人が行う作業ですので、数え間違いが発生する可能性も十分にあります。 このような現状がある中で現在、IoTソリューションを利用した在庫管理・発注システムが注目されています。 この作業を機械化・自動化できれば発注ミスをゼロにし、従業員も他の重要な業務を行うことができます。 責任の伴う発注業務をアルバイトやパートに任せていいのかという問題に悩む必要もなくなります。

お客様の生の声

オフィス IoT スマートマット

オフィス

事務用品
メーカー

コストダウンのため、コピー用紙の発注などの単純作業を自動化したい

介護 IoT スマートマット

介護

介護施設
事業者

消耗品の発注が月1回のため、足りなくなったり在庫を抱えてしまったりする

工場 IoT スマートマット

工場

金属部品
工場

顧客からの急な発注が生産性改善の阻害要因になっている

IoT機器スマートマットは、在庫チェック・在庫量のカウントといった単純作業を機械化するために、大手含め全業種で3,000台以上が導入され、活用されています。
在庫量を見える化し、残量を満タン量からの%で管理できるので発注ミスを防ぐことが出来ます。
単純作業を機械化することで、社員のモチベーション低下を防ぎ、人の生産性を大きく高めています。
簡単に導入でき、コードレスで置き場所を選ばないことも、決め手になっています。

スマートマット導入による効果

実際にスマートマットを導入した事業者さまの実際の声をもとに、業種ごとにスマートマット導入による効果をまとめました。

オフィス
実際に在庫をチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマット導入後は
ほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
介護施設
在庫管理の見える化・自動化を通じ欠品・過剰在庫を防止
物流
在庫管理に関して属人化・個人に依存していた作業を、誰でも管理可能な体制にできた
リアルタイムでの実在庫管理を踏まえ、在庫数の最適化にも寄与
工場
工場の現場まで行かずとも生産管理課がオフィス内から在庫量・数を管理出来る体制が構築できた
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

発注ミス・数え間違いの導入事例

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求