事例物流/倉庫IoT

スマートマットと物流での在庫管理

スマートマットは、体重計のような形の在庫管理用IoT機器です。棚卸と発注を自動化し、在庫管理をミスなく簡単に実施することができます。

物流での在庫管理の問題といえば・・・
・備品の重量が重いため、いちいち持ち上げて数えることができない。
・商品や人が出入りが多く、変化を把握するのが大変。
・常に時間に追われており、棚卸に時間をかけられない。
以上のような「物流特有の在庫管理の課題」を、スマートマットなら解決できます。

物流 在庫管理 資材物流 在庫管理 ダンボール物流 在庫管理 パンフレット物流 在庫管理 倉庫

※スマートマットの詳しい説明はこちら
スマートマットの発注機能に関する詳しい説明はこちら

スマートマット導入のきっかけ

スマートマットは現在、業界問わず幅広いお客様に導入・活用していただいています。
お客様の実際の声をもとに、スマートマット導入のきっかけを以下にまとめました。

飲食店 IoT スマートマット

飲食

飲食店

ドリンク類を提供出来ない事態があっては困るため、常に多めの在庫を抱えているが、結果として過剰在庫になっている

物流 IoT スマートマット

物流

包装資材卸 海外事業部(マレーシア)

組立工場での消耗品・備品は従業員のマニュアル管理/都度発注で効率が悪い(手書き)

小売店 IoT スマートマット

メーカー

在庫の数量を見える化して、安全在庫を把握したい

介護 IoT スマートマット

介護

介護施設
事業者

消耗品の発注が月1回のため、足りなくなったり在庫を抱えてしまったりする

工場 IoT スマートマット

工場

金属部品
工場

毎日動く現場での仕掛品の数を管理することはできず、時折工場担当者が目視でチェックするのみで、気づいたら在庫が切れている

スマートマットの使用事例

スマートマットをオフィスでご利用いただいているお客様の実際の使用例をご紹介します。コードレスかつ省電力なスマートマットはサイズ展開にも強みを持っており、以下のようにさまざまなお客様のニーズ・ご利用方法に対応させていただいています。

※サイズ展開に関する詳しい説明はこちら

計測商品(例)
ダンボール・PPテープなどの包装・梱包資材
発泡スチロールなどの緩衝材・保護資材
顧客先の資材類の遠隔監視
出荷後の荷物
置き場所(例)
物流パレットの上(複数マットで対応)
倉庫内保管部屋の床
倉庫内の棚
配送車の中
物流 在庫管理 ダンボール物流 在庫管理 備品物流 在庫管理 倉庫物流 在庫管理 ダンボール

↑ 物流在庫の下にマットを置くことで、在庫の出し入れをいちいち記録する手間を省くことができます。また、大きなパレットの下にマットを複数枚配置して商品を計測したりすることも可能です。

スマートマット導入による効果

配送効率の向上
広い敷地・遠方への配送の中で無駄な動きが減ることで、生産性が劇的に向上
荷物が一定量を下回った際だけ補充する、効率的なサプライチェーン・マネジメントが可能
ビル内配送でも、全拠点を見回ることなく、ピンポイントで補充することが可能
資材欠品による納期短縮
備品とは言えども、欠品すると出荷できず、納期に影響あり
それにより生産機械が動かない、特急調達してなんとか生産する事態がなくなり、納期が守れる
業務効率化
広大な敷地の中で、残量を集中管理することで、効率的に補充が可能に
既存WMSとのAPI/CSV連携により、今まで見えなかったリアルタイム実在庫データの可視化・管理が可能に
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

オフィスIoT 飲食IoT スマート工場 物流IoT 流通IoT スマートホテル 医療IoT 介護IoT スマートホーム その他サービス業 スマート農業IoT
人手不足 働き方改革 遠隔監視 発注ミス 過剰在庫・欠品 盗難防止 資材管理 仕掛品管理 物流効率化 ゴミ回収 賞味期限管理 フードロス 冷蔵庫管理 消費データ 異常検知