事例食品メーカー -製造業IoT

食品メーカーの業務

新型コロナウイルスの影響で内食の需要が伸びており、食品の生産依頼が伸びている…

食品加工などを請け負う食品メーカーでは、需要と供給を予測しながら生産量を決定します。食品には賞味期限あるため、在庫量を適切に設定することは非常に重要です。食品メーカーと業種と取り扱う商品には以下のようなものがあります。

飲料メーカー
ビールなどの缶入り飲料
牛乳などのパック入り飲料
ジュースなどのペットボトル飲料
乳酸菌飲料やゼリー飲料など特殊容器入り飲料
インスタント食品メーカー
カップ麺や袋入りラーメンなどインスタント麺
味噌汁などの即席スープ
コーヒーや紅茶などのインスタント飲料
カレーなどのレトルト食品
生鮮食品メーカー
サラダなどの袋入り野菜
豚肉や魚肉などの肉類

当社のIoT在庫管理機器スマートマットは、棚卸と発注の業務を自動化し労働生産性向上に貢献します。これによって過剰在庫や欠品を防ぐだけでなく、商品の賞味期限切れを防ぐことにもつながります。

スマートマット置き場所に困らないコンパクトな設計であり、またサイズを複数ご用意しているため多くの企業の方にご利用いただけます。

IoT在庫管理機器・スマートマットの導入例

以下ではスマートマットの特徴と食品メーカーにおける利用方法をご提案します。

<サイズ展開>
・A3サイズ(40×30cm)-最大100kg まで
・A4サイズ(30×20cm)-最大30kg まで

<置き場所・商品を選ばず>
・ケーブルレスでデータを管理、目につかない場所にも設置可能
・防滴仕様で飲料の管理にも対応
・強化ガラスの天板で薬品・衝撃に強い

<ご提案できる利用方法>
・スマートマットを複数枚使い、2Lペットボトルのように重い商品の棚卸を自動で完了!
・乳酸飲料のように個数が多い商品の数量を目視でなく重量で測定!
・在庫数量をクラウドで管理、最適な生産量を計算!

スマートマットで在庫管理を自動化することで、食品メーカーの業務が大幅に効率化します。特に新型コロナ禍で内食需要が増加する昨今では、生産量を制御して欠品を防ぎつつ過剰在庫によるフードロスを抑える効果が期待されます。
実際にスマートマットの効果を実感している事業者様の導入事例も、ぜひ以下のページから確認してみてください!

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

オフィスIoT 飲食IoT スマート工場 物流IoT 流通IoT スマートホテル 医療IoT 介護IoT スマートホーム その他サービス業 スマート農業IoT
人手不足 働き方改革 遠隔監視 発注ミス 過剰在庫・欠品 盗難防止 資材管理 仕掛品管理 物流効率化 ゴミ回収 賞味期限管理 フードロス 冷蔵庫管理 消費データ 異常検知