事例飲食店IoT

業務上の課題

飲食サービス業では大きく、生鮮食品、食品(乾物・調味料など)、ソフトドリンク・アルコール類に加え、割り箸・おしぼり・業務用洗剤などの幅広い在庫を管理しつつ、日々発注をかけています。これらの在庫を管理するのはとても手間のかかる作業なので、IoT技術の活用が求められているのです。
当社IoT機器スマートマット導入を通じ、飲食店での日々の在庫管理・発注業務の自動化を行い、労働生産性・効率性の向上が可能です。
在庫管理や発注業務をIoT化することで、発注責任者(通常は店長や副店長)が在庫管理・発注業務から解放され、本来の業務に割く時間が増えます。
また発注業務を自動化出来る為、パートタイマーやアルバイトの誤発注・発注漏れの回避が可能です。

お客様の生の声
日々の発注業務がFAXや電話、メールで統一されておらず、発注業務にかける時間が多い
棚卸業務を行う頻度が多く、店舗責任者(店長・副店長)の業務負担が大きい
パートタイマーやアルバイトに発注業務を任せているが誤発注や発注漏れが発生
ホールやキッチン業務にかける時間が少なくなるため、従業員のやる気が低下
ビュッフェなどで常に調理品の残量確認やホール・キッチンスタッフ間の無駄なコミュニケーションが発生
飲食店 在庫管理 冷蔵庫飲食店 在庫管理 冷蔵庫飲食店 在庫管理 ホテル ビュッフェ飲食店 在庫管理 バックヤード

計測商品・置き場所の例

レストラン・居酒屋などの飲食店では、食材・飲料だけでなく、店舗資材・雑品などほぼすべての商品で使われています。
置き場所はバックヤードの倉庫が多く、冷蔵庫のようにチェックしにくい場所に設置されるケースもあります。

計測商品(例)
コーヒー豆の大袋
割り箸・おしぼり・包装材などの店舗資材。ダンボールごと
生鮮食品・賞味期限管理
液体ゴミ箱のゴミ
置き場所(例)
店舗倉庫の棚
店舗バックヤードの床
キッチンの冷蔵庫
飲食店 在庫管理 冷蔵庫飲食店 在庫管理 ホテル ビュッフェ飲食店 在庫管理 ウォーターサーバー飲食店 在庫管理 お茶

スマートマットによる効果

スマートマットを導入し、IoT化することで、エクセルや手書きメモ+転記による煩雑な在庫管理・発注から開放されます。
圧倒的に人手不足に悩む現場を手軽に自動化することで、スタッフ負担軽減、人材を採用しやすい現場づくり、廃棄ロスの低減につなげることが可能です。

業務効率化
従業員が在庫管理・発注業務から開放されて、接客や調理に集中できる
経験・勘・メモ・エクセルによる管理で無駄が多い現場が、大きく効率化される
廃棄ロスの低減・コスト削減
残量履歴を元にした賞味期限アラートで効率的に賞味期限管理
無駄な発注をなくすことで、大きく廃棄ロスを低減できる
[食品卸・商社向け]配送・補充システムの最適化
遠隔から顧客の残量履歴のデータがチェックできるため、需要が予想できるように
正確な需要に合わせた人材配置、配送ルート決定が可能に
採用力アップ・離職率ダウン
ブラックになりがちな飲食店における働き方改革に貢献
スタッフの採用が進みやすくなるうえ、現場の残業も低減できる
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

飲食店IoTの個社事例

全日本空輸株式会社|IoT利用を通じて空港ラウンジにおける顧客体験の向上や従業員スタッフの業務負担軽減を実現したい(羽田空港における実証実験)

IoT機器スマートマットを活用した在庫管理・発注自動化ソリューションの導入(羽田空港における実証実験)に関し、今回は全日本空輸株式会社の大隅様、安永様、並びにANAエアポートサービス株式会社の山谷様にお話を伺いました。 […]

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

オフィスIoT 飲食IoT スマート工場 物流IoT 流通IoT スマートホテル 医療IoT 介護IoT スマートホーム その他サービス業
人手不足 働き方改革 発注ミス 過剰在庫・欠品 盗難防止 資材管理 仕掛品管理 物流効率化 ゴミ回収 遠隔監視 賞味期限管理 フードロス 冷蔵庫管理 消費データ 異常検知