事例適正在庫・過剰在庫・欠品

適正在庫を簡単に把握したい!

在庫チェックを怠った結果、商品に欠品が出てしまうことはありませんか? 在庫の欠品は、売上低下や顧客からの信頼を失うことにもつながります。 逆に大量に在庫を抱えた結果(過剰在庫)、商品が劣化し、大量に廃棄せざるを得ないこともあります。 人の経験と勘で商品や消耗品の需要を予測することは、多くの現場で行われていますが、それは必ずしも適切とは限らず、多くの時間と手間がかかります。この業務をいかに効率化できるかが業界問わず課題となっています。そんな中で、IoTツールを利用した在庫管理システムが注目されています。

お客様の生の声

飲食店 IoT スマートマット

飲食

飲食店

おしぼり、割り箸などの備品の在庫を毎日確認するほどリソースをかけることができない

介護 IoT スマートマット

介護

介護施設
事業者

バックオフィスにおける業務を効率化したい

オフィス IoT スマートマット

オフィス

大手メーカー

重量センサーを利用して在庫切れのリスクを減らし、発注状況の確認作業をする必要をなくしたい

 ホテル IoT スマートマット"

工場

金属工場

毎日動く仕掛品の数を管理することはできず、時折工場担当者が目視でチェックするのみで、
気づいたら在庫が切れていることが頻発

物流 IoT スマートマット

物流

卸売業

在庫数と顧客からの受注数を照らし合わせて確認する事に時間がかかる

IoT機器スマートマットは、在庫チェック・在庫量のカウントといった単純作業を機械化するために、大手含め全業種で3,000台以上が導入され、活用されています。
もう安全在庫に悩む必要はありません。消費動向をデータ化できるので、それを踏まえた対策を行うことができ、在庫回転率の向上にも寄与します。
単純作業を機械化することで、社員のモチベーション低下を防ぎ、人の生産性を大きく高めています
簡単に導入でき、コードレスで置き場所を選ばないことも、決め手になっています。

スマートマット導入による効果

実際にスマートマットを導入した事業者さまの事例をもとに、業種ごとにスマートマット導入による効果をまとめました。

オフィス
総務部門が在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、重要業務に集中できるようになった
実際にチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマット導入後は
ほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をデータとしてリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
小売店
自動で商品在庫の数量が見える化できた。それによって安全在庫の把握が出来るので、万が一のトラブルも防げる
在庫管理に関して属人化・個人に依存していた作業を、誰でも管理可能な体制に変えられた
サービス業
食事・ドリンク類の欠品を無くすことでお客様満足度の向上を図る
残量データを分析することで調理量を適正化し、フードロスを削減できる
スタッフがマニュアル対応していた実在庫の確認や発注・補充業務の効率を格段にアップ
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

適正在庫・過剰在庫・欠品の個社事例

全日本空輸株式会社|IoT利用を通じて空港ラウンジにおける顧客体験の向上や従業員スタッフの業務負担軽減を実現したい(羽田空港における実証実験)

IoT機器スマートマットを活用した在庫管理・発注自動化ソリューションの導入(羽田空港における実証実験)に関し、今回は全日本空輸株式会社の大隅様、安永様、並びにANAエアポートサービス株式会社の山谷様にお話を伺いました。 […]

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求