事例遠隔監視・一元管理

業界問わず、企業においては、あらゆる物の在庫管理を遠隔監視・一元管理する必要性は高まっています。

例として、ホテル・旅館のビュッフェ会場で人気の料理を切らしてしまう事態が発生すると、宿泊客からの顧客満足度を下げる一因にもなりかねます。 調理場へ的確かつ迅速な指示を行う必要があるものの、常にホールを見回らせておくオペレーションは従業員にとって負荷となります。 ビュッフェ会場にあるチェーフィング(温料理)は普段蓋が閉じられているので、従業員が都度蓋を開けて残量を確認する必要があります。
しかし、人件費高騰や慢性的な人手不足を背景に人材確保が難しくなっている中、顧客満足度に直結する重要業務に従業員を集中させたいという思いもあります。

そのような場合には、

IoT機器スマートマットの導入により、在庫管理を自動化し、分単位で確認することができます。ユーザーはスマホ・タブレット・PCのいずれからでも在庫の一元管理が可能です。
調理場にタブレットを設置し、ホール・スタッフが見回らずとも遠隔で主要な料理の残量を監視出来る体制を構築できます。
スマートマットを用いた料理の遠隔管理を通じ、ホール・スタッフの業務効率化され、キッチンとホールとのやり取りもスムーズに行うことが可能になります。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

遠隔監視・一元管理の個社事例

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

オフィスIoT 飲食IoT スマート工場 物流IoT 流通IoT スマートホテル 医療IoT 介護IoT スマートホーム その他サービス業
人手不足 働き方改革 発注ミス 過剰在庫・欠品 盗難防止 資材管理 仕掛品管理 物流効率化 ゴミ回収 遠隔監視 賞味期限管理 フードロス 冷蔵庫管理 消費データ 異常検知