事例人手不足・生産性向上

現状

日本では少子化に伴って、人手不足が多くの業界で課題となっています。
更には昨今のインバウンド需要・オリンピック景気が追い風となり、さらに深刻化している状態です。
特に中小企業やサービス業の現場では、人が足りず、やむなく会社や店を閉鎖することも。

移民も政策としては考えられていますが、人材不足の問題を抜本的に解決する見込みは小さく、
かつ外国人労働者をトレーニングする追加業務も発生することになり、様々な現場を悩ませています。
こうした現状の中で、業務の標準化・機械化を通じて、労働生産性を高めることは日本全体の喫緊の課題です。

お客様の生の声
在庫を毎日確認するほどリソースをかけることができない
バックオフィスにおける業務を効率化したい
消耗品の発注が月1回のため、足りなくなったり在庫を抱えてしまったりする
コストダウンのため、単純作業を自動化したい
在庫切れのリスクを減らし、発注状況の確認作業をする必要をなくしたい

IoT機器スマートマットは、在庫チェック・在庫量のカウントといった単純作業を機械化するために、大手含め全業種で3,000台以上が導入され、活用されています。
単純作業を機械化することで、社員のモチベーション低下を防ぎ、人の生産性を大きく高めています。
簡単に導入でき、コードレスで置き場所を選ばないことも、決め手になっています。

スマートマット導入による効果

実際にスマートマットを導入した事業者さまの実際の声をもとに、業種ごとにスマートマット導入による効果をまとめました。

オフィス
総務部門が在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、重要業務に集中できるようになった
実際にチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマット導入後は
ほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
物流
顧客から「自動発注されるので資材切れを気にしなくて良くなった」と好評
急な発注依頼がなくなり、配送効率が改善された
介護施設
在庫管理の見える化・自動化を通じ現場スタッフの業務負担軽減を実現
働きやすい職場をアピールすることで、企業イメージの向上、離職率ダウンにも貢献
工場
工場の現場まで行かずとも生産管理課がオフィス内から在庫量・数を管理出来る体制が構築できた
週に1度の実地棚卸も不要となり、社員はより重要業務への集中が可能になった
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

人手不足・生産性向上の個社事例

富士ゼロックス株式会社 | IoT導入を通じてショールーム運営におけるコピー用紙などの消耗品の在庫管理・発注を自動化して省人化を実現

IoT機器スマートマットを活用した在庫管理・発注自動化ソリューションの導入に関し、今回は富士ゼロックス株式会社の熊谷様にお話を伺いました。 六本木ショウルームの概要をお聞かせください。 熊谷様 5階と6階でショウルームを […]

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求