在庫管理/棚卸術在庫管理システム全般

在庫管理システムの全般的なトピック、システムの選び方などをまとめました。

在庫管理システム全般

在庫管理システムとは

商品や材料・仕掛品・消耗品などの在庫や入出庫の管理を行うためのシステムのことです。
主に、従来手作業で行われていた伝票などによる在庫の管理を自動化・効率化するために用いられます。

会社の基幹システムと連動して売上や仕入れ情報、生産情報と連動して利用できるもの(帳簿在庫)や 入庫やピッキングといった実際の倉庫業務と連動して利用できる(実在庫)があります。

在庫不足は売上の減少に、過剰在庫は倉庫スペースの圧迫や在庫ロスに繋がるため、在庫管理は必要不可欠な業務です。 しかし、可能な限り人手を割きたくない業務であるというのが正直なところでしょう。

より効率的な在庫管理システムを導入することで、他の業務に人員を割く企業が増えています。

最近では、在庫の計測や発注業務まで自動化するスマートマットといったIoT機器を利用した在庫管理システムもあります。

在庫管理システムを導入することで近年の製造業等の深刻な課題の人手不足の解消にも寄与することが期待されます。

ひとまとめに在庫管理システムといっても、使用するハードウェアや使用環境、自動化できるオペレーションはそれぞれ異なります。 無料で利用できるものから、RFIDを利用した大規模なクラウドシステムまで 導入する際は、どの在庫管理システムが最適かを業務課題別に見極める必要があります。

在庫管理システムの種類や機能について

効率よく在庫管理をするためには、自社の業務フローや体制に合わせたシステムを選択する必要があります。

自社にあった運用の仕組みが導入できそうなもの

 

いくらシステムが良くても運用フローが複雑なものを選んだり、業務フローにあっていない  ものを利用してしまうと後で返って苦労することになります。

業務フローを整理して導入できる部分を確認してからシステムで自動化したら  効率化できそうか確認します。

在庫管理の種類についてはページ下部のコラム一覧で確認いただけます。

在庫管理システムの選び方

在庫管理システムを選ぶための7つの基準を記載しました。
詳しくは各リンク先のコラムをご覧ください。

在庫管理システムを導入するメリット、デメリット

余剰在庫を見直すことによってキャッシュフローを改善することができる

棚卸の際に余計な在庫や廃棄が発生すると売上で目標を達成していても  利益を圧迫してしまい、赤字に転落してしまうこともあります。

 

在庫管理システムで入出庫を管理することで、余計な余剰在庫を発注せずにすみ  欠品を減らして発注から納品までの期間を大幅に短縮することも可能になります。

ミスの削減

在庫管理システムを導入することで、アナログ管理で発生しがちな検品の際の  見逃しやカウント違い、文字の読み間違いなどによる在庫のズレを解消できます。

管理工数を削減、人手不足の解消に役立つ

アナログ管理に比べて、業務様々なシーンで自動化を図れるため  管理工数を削減することが可能になります。

入出庫の際の在庫数の自動更新や発注システムとの連携による  発注の自動化など属人的に対応している業務ではより効果を発揮できます。

人手が不足している現場では、システムで自動化することで時間が浮くため  より効率よく業務にあたることができるようになります。

スマートマットなどでは、上記に加えて遠隔監視なども可能になります。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

在庫管理システム全般に関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理