restaurant飲食店IoT

飲食店IoTの在庫管理・自動発注・棚卸

飲食店では大きく、生鮮食品、食品(乾物・調味料など)、ソフトドリンク・アルコール類に加え、割り箸・おしぼり・業務用洗剤などの幅広い在庫を管理しつつ、日々発注をかけています。 当社IoT機器スマートマット導入を通じ、飲食店での日々の在庫管理や発注業務の自動化を行い、労働生産性・効率性の向上が可能です。在庫管理や発注業務の自動化を実現することで、発注責任者(通常は店長や副店長)が在庫管理・発注業務から解放され、本来の業務に割く時間が増えます。また発注業務を自動化出来る為、パートタイマーやアルバイトの誤発注・発注漏れの回避が可能です。 IoT機器スマートマットは以下のようなシーンで飲食店における在庫管理・棚卸・発注業務の悩みを解決可能です。
  • 日々の発注業務がFAXや電話、メールで統一されておらず、発注業務にかける時間が多い
  • 棚卸業務を行う頻度が多く、店舗責任者(店長・副店長)の業務負担が大きい
  • パートタイマーやアルバイトに発注業務を任せているが誤発注や発注漏れが発生
  • ホールやキッチン業務にかける時間が少なくなるため、従業員のやる気が低下

飲食店IoTの事例

デモ依頼、無料貸出、管理ソフト・カスタマイズの詳細は資料にて
資料請求はこちら