CASE事例

オフィスIoT

株式会社ユーザーベース | コピー用紙の在庫管理見える化

株式会社ユーザーベース

コピー用紙の在庫管理見える化

企業情報: 企業向け情報インフラ提供事業者

ユーザベースは、「経済情報で、世界を変える」をミッションに、企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」と、ソーシャル経済メディア「NewsPicks」などのサービスを運営。

業務上の悩み

在庫管理や発注を担当する総務部メンバーがマルチタスクを抱える中、在庫管理の重要度は相対的に劣後するにも関わらず、問合せは総務部に集中し、重要業務に集中出来ない状況。急な発注依頼は日常業務の負担に

コピー用紙はオフィス内の複数地点に置いており、カンファレンスや決算説明会といったイベント時に大量に消費するため、定期便よりは実在庫に基づいた在庫管理の方が適しているのでは、との問題意識あり

スマートマットを用いた在庫管理の効率化

まずは【コピー用紙管理の見える化】の一環としてスマートマットを導入

定期的にコピー用紙置場まで担当が見に行かずとも、PCやメールベースで把握出来る環境を構築

今後の展望

コピー用紙の在庫見える化で効果を実感出来た後には、コピー用紙の発注繋ぎ込みに加え、TRI SEVEN 3Fイベント・スペースの来客用ドリンク管理にもスマートマットを用いることを視野に

デモ依頼、管理ソフト・カスタマイズの詳細は資料にて

資料請求はこちら

オフィスIoT事例の一覧