事例ホテル運営事業者|ビュッフェ料理の遠隔監視

スマートホテル(IoT) 飲食店IoT

ホテル運営事業者|ビュッフェ料理の遠隔監視

地方ホテル・旅館運営会社

西日本を中心に複数のホテル・旅館を運営

業務上の悩み

ホテル・旅館のビュッフェ会場で人気の料理を切らしてしまう事態が過去に度々発生。宿泊客からの顧客満足度を下げる一因に

調理場へ的確かつ迅速な指示を行う必要があるものの、常にホールを見回らせておくオペレーションは従業員にとって負荷

ビュッフェ会場にあるチェーフィング(温料理)は普段蓋が閉じられているので、従業員が都度蓋を開けて残量を確認する必要あり

人件費高騰や慢性的な人手不足を背景に人材確保が難しくなっている中、顧客満足度に直結する重要業務に集中させたいとの考えも

管理の効率的なソリューション

電気チェーフィングの下にスマートマットを設置し、数分間に1回の計測頻度で残量を遠隔監視

調理場にタブレットを設置し、ホール・スタッフが見回らずとも遠隔で主要な料理の残量を遠隔監視出来る体制を構築

今後の展望

スマートマットを用いた料理の遠隔管理を通じ、ホール・スタッフの業務効率化を実感。またキッチンとホールとのやり取りもスムーズに

将来的には調理場に加え、ウォーターサーバーやその他アメニティ類等、省人化推進での活用を予定

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

スマートホテル(IoT)事例の一覧

飲食店IoT事例の一覧

           スマートマット 機能紹介            
           

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求