在庫管理/棚卸術ハンディターミナルで入出庫管理 I 在庫管理方法

ハンディターミナル

ハンディターミナルとは、商品情報が入ったバーコードやQRコードを読み取り、入出庫数を計測、表示するデータ収集用の端末のことです。

データを読み取るとシステムに自動で反映され、理論在庫量を把握することができます。 リアルタイムでデータの収集・処理ができるため、在庫管理の作業が効率化できます。

バーコードには多数の種類があり業界、業種で色々な物が 利用されているようです。

  • 一次元(代表的なもの:JANコード)
  • 二次元(代表的なもの:QRコード)

ハンディターミナルの種類

データをリアルタイムに連動できる無線タイプや本体にデータを溜めておき 中継機を通じて後でまとめてデータ通信するメモリタイプが存在しています。

スマートフォンの普及もありハンディターミナルを使わずとも アプリなどですぐに使えるようになるサービスも存在します。

ハンディターミナルの利点

エクセルなどの手動による在庫管理表による在庫管理と違い、バーコードを読み取ると半自動で 入出庫数を記録、把握することができます。

無線タイプはシステムへも自動で反映されるため、データの転記なども不要で目視確認に比べるとミスが少なくなります。

システムと連動していれば、リアルタイムに遠隔からでも入出庫状況を把握することが可能になります。

また、利用するためには棚割などのロケーション管理をする必要があるため 在庫管理のルールを標準化することが可能になります。

ハンディターミナルの問題点

バーコードの読み取り自体は人間が行うため、機器のスキャン漏れや、入力ミスが発生する可能性があります。 実在庫を計算するわけではないため、一度ミスが起こると在庫量がずれたままになってしまい棚卸の際に 苦労することになります。

また、商品情報を読み込むためのバーコードやQRコードが必要となるため、棚や商品に バーコードを貼り付けする必要があるためここでもミスが起こる可能性があります。

導入の際に自社の業務フローを把握せずどの業務に導入するか曖昧な状態だと ランニングコストだけがかかり結果が得られないものに陥りがちとなります。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

まずは無料資料請求

入出庫管理に関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

まずは無料資料請求

入出庫管理 棚卸 5S ABC分析 ロケーション管理 発注方式 在庫管理システム全般 生産管理システムの在庫管理 販売管理システムの在庫管理