在庫管理/棚卸術ABC分析

ABC分析とは、優先的に在庫管理を行うべき原材料や製品を分析する手法のことです。 在庫管理の効率化が行えます。

ABC分析

ABC分析とは

一般にABC分析とは、多くの指標や物を優先度ごとに分類するデータ分析手法のことです。
この手法は在庫管理においても多く用いられ、主に原材料や製品の在庫管理における優先度を分析する際に用いられます。

分析の際の評価軸として、売上や出荷数が用いることが多いです。
※関連記事:出荷数を評価軸としたABC分析 I 在庫管理の基本

例えば下記の手順で分析が行われることが多いようです。

  • 複数の商品を並べ「売上」を重要度としてABC分析を実施
  • 総売上高への貢献度が高い商品と貢献度の低い商品を算出

ABC分析の重要性

ABC分析によって、重要な在庫はどの原材料か、どの製品かがわかります。
その一部の重要な在庫(上図におけるA群)を重点的に管理することで在庫管理を効率的に行えます。
これは、上位20%を押さえることで80%の効果を出す「パレートの法則」に基づいています。

パレートの法則

80%を軸として売上をランク付けするやり方の背景として パレートの法則(2:8の法則)があります。

イギリスの経済学者ヴィルフレド・パレートが提唱した
全体の割合で2割の商品や顧客からの売上が全体の8割の売上
を占めているという法則となります。

ABC分析で重み付けをしたAランク商品の在庫管理や売上の効率化を 測ることで全体の8割の改善が見込めるというものになります。

ロングテール理論

アメリカの雑誌Wired Magazineの編集長クリス・アンダーソンに よって2004年に提唱された理論になります。

最近はWEBでの商品販売が増加ししているため WEB販売がメインの店舗などでは必ずしもABC分析だけが当てはまるわけではないようです。 売れ筋以外の商品(Cランク)の需要に属しているようなものでも 需要が高まって全体の売上で高い割合を占めている業態が増えました。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

ABC分析に関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理