在庫管理/棚卸術5S

在庫管理の事前準備で必須とも言える5S。整理・整頓・清掃・清潔・しつけ(躾)の5個から構成されます。

5S
在庫管理は、現在の在庫の状態を正確に把握することで、顧客からの需要を予測し、必要な分だけ新たな商品を発注するために行う重要な活動です。 在庫管理で最大限の成果をあげるためには、在庫が整理整頓され、綺麗な状態で保管されていることが大前提です。 こちらのページでは、在庫管理で前提となる5Sについて解説しています。

5Sとは

5Sとは、在庫管理を正しく実施するために「在庫を管理しやすい状態をつくる」ための5つの活動のことを指します。
一見すると、5Sは単純に掃除や片付けをやって倉庫や職場環境をきれいにする活動のように見えるかもしれません。 しかし、5Sは単なる掃除や整理整頓とは異なり、企業での経営管理を目的とした手法の一つというふうに位置づけられます。
実際に5Sを重視する企業では、5Sを徹底して実施するために責任者を任命し、ノウハウを体系的に整理して取り組んでいることが多いようです。

5SのGOAL

5Sは、最終的に企業の利益に還元されることを目的として行われます。
社員全員で5Sに真剣に取り組むことで納品スピードを従来の半分以下にすることができたり、無駄な在庫や発注ミスを大幅に減らすことにつながったりするなど様々な成功事例があるようです。

5Sを実施することによる様々な成功事例の中でも、企業の生産性が高まって従来の業務効率が大幅に改善することは、顧客が行動を決定する際の指標であるQCDSを向上させることへとつながり大変有意義であると言えます。

5Sは企業ごとにやり方が存在していますが、特にトヨタで採用されている5Sは、業務効率を大幅に改善するということで有名です。

5Sの具体的な定義

5Sとは具体的に以下の5つの行動のことを指します。

  • 整理】 要るものと要らないものを区別し、要らないものを処分すること
  • 整頓】 要るものを使いやすい場所におけるように在庫の置き方を決定し(3定管理)、置き方を漏れなく表示すること
  • 清掃】 きれいに掃除し、またいつでも使えるように点検すること
  • 清潔】 上記3つを実行した上で、綺麗で使いやすい状態を保つこと
  • しつけ(躾)】 上記4つを継続できるように、職場のルール・規律として習慣づけること

最初の3つは3Sと呼ばれ、在庫管理を成功される前提としての具体的な行動を指します。
一方後の2つは、3Sを実行するための意識や方針を指します。

3Sと一見すると簡単なものに見えますが、企業をあげて徹底して実施することは決して容易ではありません。
したがって、5Sのすべての要素をクリアできるようにしていくことが重要です。

5Sが在庫管理においてなぜ重要か

在庫管理において、5Sが徹底されていることによるメリットは多岐に渡ります。

  • モノを探す無駄がなくなる。モノを探している時間は何の付加価値も産みません。
  • 探しているものを取り出す際に、別のものを動かす手間がなくなる。
  • 不要なものを管理する無駄がなくなり、また移動がスムーズになる。
  • 不要なものを置かないことで、スペースの無駄がなくなる。
  • 5Sは在庫管理では必須の取り組みであり、それだけでも効果・効率の両面を高めることができる基本となります。
  • 5Sを実施して業務を見える化と構築した体制の維持によって効果を検証していくことも重要となります。

5Sと在庫管理システム

豪華な在庫管理システムを導入しても、5Sが徹底されていないために宝の持ち腐れになっているというのはよく聞く話です。

一般的に多く利用されている在庫管理システムとして、エクセルやクラウドコンピューティングを使った棚卸表や、カメラを使ったバーコード読み取りシステムなどがあります。これらのシステムは、適切な場所に適切な商品が規定された量だけ置かれていて、その表示が正しくなされている際に大きな効果を発揮するものです。
そのため、在庫管理システムを導入する際には、まず3S(整理・整頓・清掃)の行動を企業全体に浸透させ、2S(清潔・しつけ)の意識を持ってこれらを徹底していくことが必要になります。

新型コロナウイルスと在庫管理システム

2019年末に中国・湖北省の武漢で初めて症例が報告された新型コロナウイルスについて、最近ではニュースなどで連日感染情報や政府の対応が議論されるようになりました。
このコロナウイルスの感染経路は、空気感染ではなく飛沫感染や接触感染が主であるということが報告されています。
今後のコロナウイルスの感染拡大予防のために、日本政府は「小規模な患者の集団(クラスター)が次の集団を生み出すことを防止」することを目標に掲げ、そのために各企業では会社に出社せずに業務を行うリモートワークが推奨されています。

リモートワークが推奨される状況で、特に小売業や運送業では、在庫管理を自動化し人を割かずに行えるようにすることが不可欠です。
そこで、Smart matを利用すれば、簡単な初期設定をするだけで在庫を自動で管理・発注することができます。
つまり、Smart matを在庫管理システムとして導入することで、新型コロナウイルスにも負けない在庫管理体制を作り上げることができるのです。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

まずは無料資料請求

5Sに関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

まずは無料資料請求

入出庫管理 棚卸 5S ABC分析 ロケーション管理 発注方式 在庫管理システム全般 生産管理システムの在庫管理 販売管理システムの在庫管理