在庫管理/棚卸術5S

在庫管理の事前準備で必須とも言える5S。整理・整頓・清掃・清潔・しつけ(躾)の5個から構成されます。

5S
在庫管理で最大限効果を出すためには、まずは基本的な在庫管理の体制見直しから 課題の洗い出し、管理方法などのルールの再設定、倉庫の在庫周辺の基本的な整備など事前準備が欠かせません。こちらのページでは その前提となる5sについて解説しております。

5S(5s)とは

5S(5s)は単純に掃除や片付けをやって倉庫や職場環境をきれいにすることではありません。 課題を解決するための業務の改善活動で、5sを重視する企業では体制と責任者を任命して取り組むことが多いようです。

5S(5s)のGOAL

最終的には、会社の利益に還元することが目的です。社員全員で真剣に取り組むことで 納品スピードを従来の半分以下にしたり無駄な在庫や発注ミスを大幅に減らすなど様々な成功事例があるようです。

成功すればQCDSを高めることができ、生産性が高まるため結果的に従来の業務効率を大幅に改善することができるようです。

5sは企業ごとにやり方が存在していますが、有名なものにトヨタ式「5S」があります。

5S(5s)の具体的な定義

5sは以下のキーワードの頭文字をとって5sとしています。

  • 整理】 要るものと要らないものに区別。要らないものを処分すること
  • 整頓】 要るものを使いやすい場所にきちんと置くこと3定管理が重要です。
  • 清掃】 職場をきれいに掃除をして、いつでも使えるようにすること
  • 清潔】 上記3つを実行した結果、わかりやすく、すっきりとした状態に保つこと
  • 躾(しつけ)】 上記4つを継続して、職場のルール・規律として習慣づけること

最初の3つは具体的な行動に相当する要素、後半の2つについては意識に相当する要素です。

一覧で見ると一見簡単に思えるのですが、継続・徹底が難しいようです。そのため意識面での要素が2つも含まれています。

5Sが在庫管理においてなぜ重要か

在庫管理において、5Sが徹底されていると何がやりやすくなるか。そのメリットは多岐に渡ります。

  • モノを探す無駄がなくなります。「どこにあったっけ」と考える時間は付加価値を産みません
  • あるものを取り出す際に、別のものを動かす無駄もなくなります
  • 管理や移動も極めて単純になります。不要なものを手間かけて管理する無駄がなくなります
  • 不要なものを避けて動く動作がなくなります
  • 不要なものを置かないことで、スペースの無駄がなくなります

豪華な在庫管理システムを導入しても5Sが徹底されていないために、宝の持ち腐れになっているのはよく聞く話です。

  • 5Sは在庫管理では必須の取り組みであり、それだけでも効果・効率の両面を高めることができる基本となります。
  • 5Sを実施して業務を見える化と構築した体制の維持によって効果を検証していくことも重要となります。
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

5Sに関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理