在庫管理/棚卸術実地棚卸 | 在庫管理の基本

実地棚卸とは

実地棚卸は棚卸の手法の一つで、定期的に営業を止めて実際の在庫の数を数えるやり方のことです。
棚卸のもう一つの手法である帳簿棚卸比べると、実地棚卸には以下のような特徴があります。

    メリット
  • 頻繁に在庫を数える手間がない
  • デメリット
  • 大量の在庫を一度に数えるので、ミスがつきもの
  • 一度営業を止める必要があり、その間は売り上げが出せない

ここでは実地棚卸の効率的な方法について紹介します。

良い実地棚卸とは??

実地棚卸は、最終的に企業経営の状態を把握するために実施されるタスクです。

そのためには、数え上げた在庫の種類や個数などを正確に在庫管理表に記入することが大事です。

実地棚卸の作業は大きく

1. 在庫置き場の整理
2. 在庫の数を数えて在庫管理表に記入
3. 在庫管理表を使って在庫金額や資産額などを計算

の3行程に分けられます。

つまりこれら一つ一つの行程を、効率よく・ミスなく行うことが大事です。
そのためには、以下のようなことに気をつけて実地棚卸をすると良いでしょう。

    1. 普段から在庫置き場を整理しておく

    実地棚卸の効率化とミスの撲滅のためには、在庫置き場をきれいにし、棚卸がしやすい環境にしておくことが大切です。 そのためにも、在庫管理の基本である5Sなどの知識をぜひ確認してみてください。

    2. 記入しやすい在庫管理表を作成・使用

    在庫管理表は在庫総額を確認してその後の計算につなげるための書類です。 したがって、きれいさよりも使う人が理解しやすい・記入しやすいものであることが重要視されます。
    在庫管理表の正しい作成の仕方について、ぜひチェックしてみてください!

このようにして、実地棚卸をミスなく・効率的に行えるようにしましょう。

実地棚卸の効率???

ここまで実地棚卸の特徴や目的、気をつけることについてみてきました。
中には「実地棚卸って効率的にやったところでやっぱりめんどくさいし、営業を止めるのも嫌だ」と思った方もいるのではないでしょうか?

やはり実地棚卸で一番めんどくさいのはなんと言っても「在庫の数を数える」作業。この作業を人間の手ではなく機械が勝手にやってくれたら楽だな、なんて思った方もいるのではないでしょうか?
ここでは、実地棚卸で面倒な「在庫の数を数える」作業を自動化できる優れたシステムについてご紹介します。

    スマートマット


    重量をベースに自動で在庫管理を行うIoT機器スマートマット。
    簡単な初期設定を行い商品をスマートマットの上に乗せるだけで、在庫データをクラウドに保存します。
    実地棚卸の時期には、ただパソコンを開くだけで在庫の数や金額を見ることができ、理論在庫や発注量の計算まで自動化することができます。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理