在庫管理/棚卸術定期発注方式I 在庫管理方法

定期発注方式とは

週1回など、決まった発注感覚で毎回数量を計算して発注する方式のことです。
最低でもストックしておくべき安全在庫を下回らないような発注周期を決め、最大在庫まで発注します。

定期発注方式のメリット

発注日・入庫日があらかじめ決まっているため、作業計画が立てやすいです。
また、配送のタイミングをまとめられるので、コストダウンにもつながります。

定期発注方式のデメリット

毎回発注量を計算する必要があります。
また、最低発注単位が決まっていたり、配送料金の関係で最適な寮の発注ができないこともあります。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

発注方式に関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理