ヘルプ

ハードウェアの使い方
0kg補正による精度補正

0kg補正とは?

  • 一般的に体重計や重量計では、立て掛けた状態や経年劣化、衝撃による影響等で計測精度に誤差が生じるケースがございます。
  • スマートマットを取り出した後に初期設定段階で0kg補正を行って頂くことで、正確な残数・残量測定が可能になります。
  • 0kg補正機能は、電源を入れて、最初にボタンを押した際に動作します。具体的には下記の流れになります。

0kg補正の方法【初回設定の場合】

  • 電池4本を入れて頂いて、平坦な地面の上で商品を何も載せない状態で側面にある計測ボタンを一度軽く押して下さい。
  • 3回ほどランプが点滅した後、緑色で点灯→消灯します。これで0kg補正は完了です。
  • 0kg補正時にランプが赤色で点灯した場合、電池の電圧が低下しています。電池を交換してお試し下さい。

0kg補正の方法【精度補正・2回目以降の場合】

  • 電池を1本だけ抜いて頂き20秒程お待ち頂くか、電池を1本抜いた状態で側面にあるボタンを15回程連続して押して下さい。
  • 電池4本を入れて頂いて、平坦な地面の上で商品を何も載せない状態で側面にある計測ボタンを一度軽く押して下さい。
  • 3回ほどランプが点滅した後、緑色で点灯→消灯します。これで0kg補正は完了です。
  • 0kg補正時にランプが赤色で点灯した場合、電池の電圧が低下しています。電池を交換してお試し下さい。

正しい0kg補正の実施方法、NG例

  • 0kg補正は、平坦な地面の上で商品を何も載せない状態で行って下さい。
  • 絨毯の上やハードウェアが斜めの状態、又は商品を載せた状態で0kg補正を行うと、スマートマットの計測に誤差が発生しますのでご注意下さい。
  • また指や手を天板に載せた状態で0kg補正を行うと、正確に0kg補正が行えないのでご注意下さい。

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求