ヘルプ0kg補正による精度補正

ハードウェアの使い方
0kg補正による精度補正

長期間使い続けたり、設置場所を移動したりすると、衝撃による電気的な影響などで、重量ゼロとなる基準点が若干ずれることがあります。

そのような場合には、0kg補正機能を使って計測精度を高めることができます。
また、定期的に0kg補正機能を使うことで、より正確な計測が可能になります。

0kg補正機能は、電源を入れ直して、最初にボタンを押した際に動作します。具体的には下記の流れになります。
(電源の入れ方と同じ作業となります。)

  • 電源を再起動するために、電池を一時的に外して30秒ほどお待ちいただき、再度挿入してください。
  • 使用場所にスマートマットを置いてください。
  • 上に何も置かない状態(重量ゼロ)でボタンを1回押してください。
  • うまく0kg補正機能が動くと、ランプが点滅した後、緑に光ります。

※0kg補正時にランプが赤色で点灯した場合、電池の電圧が低下しています。電池を交換してお試しください

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求