ヘルプ

サービス内容について
IoT機器スマートマットの基本機能

在庫管理・棚卸業務を簡単に自動化・効率化

  • 重量センサを搭載したIoT機器スマートマットを活用して、計測商品の重量を定期的に計測し、残量を個数・パーセントで表示
  • 計測頻度は1分間に1回から1日に1回の間で、ユーザーで選択可能。管理商品やロケーション、用途に応じて柔軟に対応可能
  • 初期設定時に閾値(発注点・基準値)を入力し、計測商品が予め設定した残量を下回る(又は上回る)とメール・アラートでユーザーにお知らせ
  • ユーザーへのメール通知に加えて、CSVダウンロードやWeb APIを利用して、ユーザーの既存システムとの連携も可能
  • また通知先をサプライヤー(仕入業者)にすることで、IoT機器スマートマットを利用して簡単に自動発注も実装可能

IoT機器スマートマットの特徴

  • 初期設定を完了すれば在庫管理・棚卸の遠隔監視、補充・発注業務を大幅に効率化可能
  • ハードウェアはA3(40x30cm)、A4(30x20cm)の2サイズをリリース済。複数台を組合せることで重量物や大きな商品も対応可能(マルチマット機能)
  • ケーブルレスでどこにでも設置可能(単三乾電池4本で1年間連続稼働が可能)。別売の電源ケーブルを利用頂ければ電源供給も可能
  • 冷蔵庫内でも利用可能。生鮮食品の在庫管理・発注自動化でも課題解決をサポート(利用推奨温度帯 0℃-35℃)
  • 管理画面はWebブラウザにユーザーID(メールアドレス)とパスワードを入力頂ければ利用可能。専用アプリやソフトウェアのインストール不要
  • 各種レンタル及び買切りプランをご準備。低価格かつお手軽に利用頂くことが可能(サービスプラン詳細は無料資料請求からお問合せ下さい。
  • グローバルで利用可能。米国、中国、台湾、ヨーロッパ(CE)、韓国、マレーシア、タイ、ベトナム、シンガポール、フィリピンで通信認証を取得済(2019年7月末時点)(時差対応、英語対応は2019年9月中予定)

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求