ヘルプ

便利機能のご案内
マルチ容器モードに設定する

マルチ容器モードとは

管理する商材を”箱ごとに管理していて、箱単位ではなく、中身の在庫数を管理したい場合”に便利な機能です。

 

マルチ容器モードの設定方法

利用上の注意点

下記のような管理の場合、正確に在庫数をカウントできません。
ー 箱が切られている
ー 箱がない状態で商品が載っている
ー 箱の重量が異なる

パターン① マットの上にそのまま箱を置いている場合

①[在庫一覧]ページで、マルチ容器モードに変更したい商品に[チェックを入れる]
②[アクション]-[満タン/1個あたり重量・閾値 変更]をクリック

 

 

③[容器重量]で[マルチ容器]を選択
④管理したい商材の[1個あたり重量]を入力
右記イメージ図では、”ペットボトル1本の重量”
⑤[容器重量(g)]は”0″と入力
⑥[1箱(容器のみ)あたりの重さ(g)]を入力
右記イメージ図では、”ダンボール1箱分の重量”
⑦ [1箱あたりに入る個数]を入力
右記イメージ図では、”12”









パターン② 箱の下に容器や板がある場合

①[在庫一覧]ページで、マルチ容器モードに変更したい商品に[チェックを入れる]
②[アクション]-[満タン/1個あたり重量・閾値 変更]をクリック

 

 

③[容器重量]で[マルチ容器]を選択
④管理したい商材の[1個あたり重量]を入力
右記イメージ図では、”ペットボトル1本の重量”
⑤[容器重量(g)]を入力
⑥[1箱(容器のみ)あたりの重さ(g)]を入力
右記イメージ図では、”ダンボール1箱分の重量”
⑦ [1箱あたりに入る個数]を入力
右記イメージ図では、”12”







価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

まずは無料資料請求