在庫管理/棚卸術棚卸 | 在庫管理の基本

棚卸は、定期的に実在庫数をカウントする基本タスク。入出庫から計算される理論在庫とのギャップは定期的に補正される

棚卸

棚卸とは

棚卸は、実際の商品在庫数を数え、在庫総額を計算するタスクのことです。
このタスクは、在庫総額から企業の資産を計算するために行われます。そのため棚卸の作業では、数えた在庫の数は棚卸表に記入しておくようにします。
棚卸の方法は一通りではありません。棚卸は付加価値を生む作業ではないため、効率化のために複数の方法が存在します。
ここでは棚卸の効率的な方法について紹介します。

良い棚卸とは??

棚卸は、最終的に企業経営の状態を把握するために実施されるタスクです。
企業状態を把握するためには、在庫総額から企業の資産を計算することが不可欠です。この目的のために、棚卸の実施の際には以下のようなことを守る必要があります。

1. 必要な項目を抜けモレなく記入すること(5W1Hを意識して項目を考えるとわかりやすいでしょう)
2. 記入のし忘れ、誤記をなくすこと
3. 誰でもわかる共通のルールで記入すること
4. 記入の際の手間やコストをできるだけ減らすこと

このようにして、棚卸をミスなく・効率的に行えるようにしましょう。

棚卸の種類

棚卸の方法には実地棚卸帳簿棚卸の2種類があります。
この二つの方法の決定的な違いは「どのタイミングで棚卸を行うか」「在庫の絶対量を記録するか、変化量を記録するか」です。

    実地棚卸
  • 営業を止めて定期的に実際の在庫の数を数える作業です。
    頻繁に在庫を数える手間がない一方で、大量の在庫を一度に数えることになりミスがつきものです。また、一度営業を止める必要があり、その間は売り上げが出せないというデメリットもあります。
  • 帳簿棚卸
  • 在庫の保管棚からお店に出し入れした商品数を帳簿に記入し、在庫の変化を管理する作業です。
    常に在庫数を把握しておけるため、例えば急なハプニングで資産をすぐに計算しないといけない時などにも対応できます。
    また、棚卸のために営業を止める必要もありません。
    一方で、毎回に帳簿記入をミスなくこなさなければ在庫にずれが出てしまうという難しさがあります。

棚卸の効率的な方法

棚卸を効率的に行うためには、記入の際の手間を減らし自動化することが有効です。
ここでは、棚卸の方法として棚卸表を使うアナログな方法から、より効率性の高い方法まで3つの方法を紹介します。

棚卸表


目視で在庫を計測し表に記載する、もっとも基本的な方法です。
人手がかかる上、数え間違いや転記ミスも多くなってしまいます。
入出庫のたびに記録をする「帳簿棚卸」と定期的にすべての在庫について記録する「実地棚卸」があります。

RFID


商品に貼り付けたICタグをリーダーで一括で読み取る方法です。
全商品にICタグを貼り付ける必要がありますが、棚卸表と違ってシステムに自動でデータ反映されます。

スマートマット


重量をベースに自動で在庫管理を行うIoT機器スマートマットを用いる方法です。
簡単な初期設定を行い商品をスマートマットの上に乗せるだけで、在庫データをクラウドに保存します。
いちいちタグを貼り付ける手間などもないため人手もいらず、RFIDと比べて費用も抑えられます。
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理