在庫管理/棚卸術発注方式

主に3つの発注方式があります。 自社オペレーション能力なども踏まえた上で発注方式を選択しましょう。

発注方式

主な発注方式

発注方式の選択を誤ると、在庫が過剰になってしまったり、品目によっては在庫ロスにしてしまうこともあります。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、自社オペレーション能力なども踏まえた上で発注方式を選択しましょう。
発注方式は主に3つあります。

  • ダブルビン方式
    2つの容器を用意し、同じ在庫を置いておき、片方のみから出庫します。
    1つが空になったら、もう一方から在庫を補充し、そのタイミングで発注する方法です。
    簡単に想像できる例としては、トイレの個室のトイレットペーパーなどがこの方式が多いです。

  • 定量発注(不定期)
    ある数量より在庫が少なくなると、一定量を発注する方法です。
    一定以上の在庫量を超えることはないので、在庫が過剰になることはありません。

  • 定期発注(不定量)
    週1回など、決まった発注間隔で、その都度必要な数量を計算して発注する方法です。
    計画は立てやすいですが、毎回発注量を計算する必要があります。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

発注方式に関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理