在庫管理/棚卸術3定 | 在庫管理の基本

在庫管理の前提条件である5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)のうちの、整理・整頓のやり方が「3定」

3定とは

3定とは、在庫管理の前提条件である5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)のうちの整理・整頓のやり方のことです。ちなみに、この整理・整頓のことをそれぞれの頭文字をとって2Sと呼びます。

  • 定位置 = 置き場に名前をつけ、在庫の置き場を特定すること
  • 定品  = 置く在庫の品目を決定すること
  • 定量  = 安全と品質が保てる在庫の量を決定すること

文字にすると当たり前のことに見えますが、3定のルールを全員でサボらずに続けていくことは難易度が高く、そして非常重要です。

3定のGOAL

3定のゴールは、誰がみても在庫の状態がよく分かるようにすることです。
そのためには、在庫情報の更新を全員が把握できるように表示することが大切です。 もし情報を共有されていない人がいたり、在庫の変更が更新されなかったりすると、在庫管理の手間が増し、また発注数の間違いや在庫の紛失など、会社の利益低下に直結する結果を生んでしまいます。

定位置とは

定位置とは、管理資材の置き場に名前をつけ、誰が見てもわかるように表示することです。
定位置のキモは「場所をわかりやすく表示すること」です。
置き場の表示は、広い範囲からだんだんと絞り込むように表現するとわかりやすいでしょう。例えば、「在庫のある大体の領域を指定(広範囲)」→「棚の位置を指定」→「棚における在庫の位置を指定(場所を特定)」というように誰でもわかる基準にのっとって表示すると良いです。

    定位置の手順

    1. エリアマップ作成(広い倉庫など)
    2. 棚割表を作る
    3. 資材名のネームプレートを作り場所を固定する

在庫の位置を誰にでもわかる方法で表現することで、在庫を探す手間を減らしていくことが業務の効率化につながります。

定品とは

定品とは、保管場所に置く在庫の品目を決定することです。
定品を実行する際には、以下のような在庫の特性を考慮する必要があります。

    ● 作業場所、工程と物流
    よく使う場所の近くに在庫を保管する
    この際、作業場所は作業工程の流れに沿って決まってくるので、在庫の物流と作業工程が一致するように保管場所を設定する。

    ● 資材の種類
    資材を種類ごとに分けることで、使用する際に迷わないようにする。

    ● 使用頻度
    使用頻度の高いものを取り出しやすい位置に配置する。

以上のように、使うときのことをよく考えて定品を行うと良いでしょう。
定品の方法は、置く資材によって固定ロケーション管理フリーロケーション管理の二種類に分けられます。
ロケーション管理の方法についても是非確認してみてください!

定量とは

定量とは、それぞれの在庫に対して適切な量を定めることです。 定量のキモは、安全に在庫管理をできる量を見極め、その範囲内で需要-供給に基づいた適切な量を定めることです。
「需要-供給に基づいた適切な量」は在庫管理をしっかり行った上でわかる値なので、最初の定量ではざっくりと安全な在庫量(棚の対荷重などを)考えるだけでも良いでしょう。

ポイント

  • 3定を維持するためには必ず、元に戻す習慣やロケーションや 資材の種類、場所が変わったりした場合などで3定を更新・見直しする必要があります。 一度決めた習慣を継続することで初めて正しく在庫管理できるようになりますので 根気よく続けていくことが大事になります。
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

ロケーション管理に関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理