在庫管理/棚卸術3定(2s) I 在庫管理の基本 / 5s

3定とは

3定とは、5s(整理・整頓・清掃・清潔・躾)のうちの整理・整頓のやり方のことです

  • 1. 定位置 = ロケーションや棚の位置など置く場所
  • 2. 定品  = 資材の品名
  • 3. 定量  = 在庫の量

文字にすると当たり前のことに見えますが 一度決めたルールを全員でサボらずに続けていくことの方が難易度が高いのです。

2S(整理・整頓)は、5Sの中でも非常に基本的なことですがしっかりと抑える必要があります。

目指すべき姿

3定のゴールは、在庫を誰がみても分かる状態に持っていくことです。特に大事なことは、一度決めた資材の場所や内容が更新された時にきちんと情報を更新する必要があります。そして、在庫管理している人員全員に伝えていく必要があります。

定位置とは

管理資材の保管場所を決めて表示をすることです。手順としては以下となります。

  • 1. エリアマップ作成(広い倉庫など)
  • 2. 棚割表を作る
  • 3. 資材名のネームプレートを作り場所を固定する

定品とは

決まった場所に決まったものを置いて管理(ロケーション管理)する方法です。以下の種類があります。

また、置き場を決めるときは、在庫の特性を考慮する必要があります。
 (作業場所、工程と物流、種類、大きさや重量、使用頻度)

定量とは

この項目がある理由として安全と品質をの維持のためとなります。

例えば、場所が決まっているからといって資材を何も考えずに 山積みしていくと棚の荷重を超えて壊れてしまう可能性があります。

棚に耐荷重を記載して、耐荷重を超える量を置かないように工夫したり 資材の買い過ぎや作りすぎを防止する効果もあります。

ポイント

  • 3定を維持するためには必ず、元に戻す習慣やロケーションや 資材の種類、場所が変わったりした場合などで3定を更新・見直しする必要があります。 一度決めた習慣を継続することで初めて正しく在庫管理できるようになりますので 根気よく続けていくことが大事になります。
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

5Sに関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

ロケーション管理に関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理