在庫管理/棚卸術QCDS|在庫管理の基本

QCDSとは

一般的には、商品(サービス)を購入するにあたり、評価・比較するための指標。 指標に沿って品質管理することで、売り上げアップや顧客満足度の向上に繋がるようです。

  • Q : Quality … 品質が保たれているか
  • C : Cost … 価格が適正か
  • D : Delivery … 納期が守れているか
  • S : Servise … サポートがあるか

※Sを抜くと生産管理において重要な3つの要素のQCDとなります

期待できる効果

  • 不良品が出にくくなることで「品質」が向上
  • 原材料の使用量が抑えられることで「コスト」が改善し
  • 工程が減ってリードタイムが短くなり「デリバリー」を早める

結果的に、欠品や不良品などを在庫管理で減らすことで、管理資材の品質を一定にでき、適正な使用量を把握することで無駄な発注が減ため 業績改善に期待することができるようになります。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

5Sに関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

在庫管理システム全般に関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理