在庫管理/棚卸術選び方⑦ : 在庫管理システムの費用対効果 I 在庫管理システム

在庫管理システムの費用対効果

在庫管理システムに限らず、社内にシステムを導入する際は会社の規模やオペレーションにあっているなどの費用対効果を考える必要があります。
また、費用や効果といった定量的な効果だけでなく、オペレーション/トレーニングの手間などの定性的な効果も重要なポイントです。

導入することによって、具体的にどのくらいのメリットがあるのかをシュミレーションすることも大事です。
例えば、エクセルなどで管理している入出庫の際の稼働時間、廃棄ロスや検品ミスなどでどのくらいの費用がかかっているか、ミスがどれくらいで欠品や発注漏れによる損失、内部の人材の時間的コストなどを一覧にして検討する必要があります。

管理商材によっては、アナログな手法でないと費用対効果が合わない場合もあるため事前の見極めは非常に重要になります。

事前に基本的な5Sなどのルールが守れているか、業務フローの見直しも加味した 上で導入検討しないと形だけの導入で費用対効果も算出するまでもない結果になってしまいます。

在庫管理システムを導入する前は以下のポイントに注意してください

  • 現在の業務フローや導入の課題は明確になっているか
  • 課題を解決することでどのくらいのメリットがあるか
  • サポート費用などランニング以外のコストが発生するか

在庫管理システムの導入サポート体制について

業務フローを整理し、メリットを明確にしていざ導入をしようとする際にも担当者の負荷は非常に大きいものです。 通常業務に加えて、不慣れなシステムを触る必要もあり、初めは非常に業務が非効率になりやすくなります。

導入前には導入先のシステム会社のサポート体制もしっかり確認しておいた方がその後が非常に楽になります。 実導入までのサポートや稼働するまでのオンボーディングプロセスをしっかり明示してくれるなど、手厚いサポート 体制を持っている企業を選ぶのも費用対効果を考える際には重要なポイントになります。

在庫管理システム導入費用・手間について

在庫管理システムを導入する際に考慮すべき事項として代表的なものを記載しました。

  • 初期費用・メンテナンス費用・ランニング費用はどのくらいか
  • 基幹システムを利用している場合は連携できるか、追加の費用はかかるか
  • 追加オペレーションの有無
  • 導入時のトレーニングはどのくらいの工数が必要か
  • システム導入の責任者を任命すること
  • 導入後に運用の体制が作れるか、継続していくために定点観測できるか

特に追加オペレーションに関しては永続的に必要となるので、実際にトライアルプランなどがあれば、検証してみるのがベストです。

在庫管理システムの導入効果について

導入効果としては以下のものが挙げられます。

在庫管理システムは導入費用や手間に対して、得られる導入効果は業種や業界管理商材などによって様々なケースがあります。また、実際に導入してみないと感じられない部分も多くあります。
選定の際は自社と同じ業界や業種の導入事例と比較するとイメージが湧きやすくなります。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

在庫管理システム全般に関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理