在庫管理/棚卸術選び方⑦ : 在庫管理システムの費用対効果 I 在庫管理システム

費用対効果

在庫管理システムに限らず、導入する際は費用対効果を考える必要があります。
費用や効果といった定量的な効果だけでなく、オペレーション/トレーニングの手間などの定性的な効果も重要です。

在庫管理システムを導入することによって、具体的にどのくらいのメリットがあるのかをシュミレーションすることも大事です。 例えばエクセルで管理しているものが、どのくらいの費用がかかっているか、ミスがどれくらいで欠品や発注漏れによる 損失、内部の人材の時間的コストなど一覧にして検討する必要があります。

費用・手間

考慮すべき事項としては以下のようです。

  • 初期費用・メンテナンス費用・ランニング費用
  • 基幹システムとの連携
  • 追加オペレーションの有無
  • 導入時のトレーニング・導入後体制が作れるか

特に追加オペレーションに関しては永続的に必要となるので、実際にお試しプランなどがあれば、検証してみるのがベストです。

効果

得られる効果としては以下のものが挙げられます。

費用・手間に比べて、得られる効果は業種によって様々であり、実際に導入してみないと感じられない部分も多くあります。
同業他者の導入事例などと比較するとイメージが湧きやすいでしょう。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

在庫管理システム全般に関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理