在庫管理/棚卸術選び方① : 標準機能vsカスタマイズ I 在庫管理システム

ツールを標準機能(+オプション)のまま利用

在庫管理ツールを標準機能のまま使う大きなメリットとしては、スピーディーかつ安価に導入できることが挙げられます。
標準機能のままで現状のオペレーションを完全に代替する場合はそれほど多くありません。
そのため、現状と異なる部分に関しては、可能な限りオプション機能を利用し、現状のオペレーションに近づけましょう。
それでも現状のオペレーションと異なる部分は、ツールの機能に合わせてオペレーションを変更しましょう。
また、標準機能・オプション機能は、業界・業務における標準的な作業に役立つよう作られているため、標準機能のままツールを利用することで現状のオペレーションの分析・改善にも繋がります。

ツールをカスタマイズして利用

標準機能のままでは現状のオペレーションに大きな支障をきたす場合は、ツールにカスタマイズを加える必要があります。
現状のオペレーションが業界トップクラスで、競争力の源泉となっている場合もこの限りです。
SE会社(あるいはツール会社)にカスタマイズを依頼し、ツールを現状に合わせたものに改変します。
この場合、仕様決定や追加開発が必要になる上、初期・メンテナンス費用に投資する必要があります。
しかし、現状のオペレーションを全く変える事なく業務効率化が可能になることは大きなメリットです。
費用対効果をよく考えてカスタマイズするかどうかを吟味しましょう。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

在庫管理システム全般に関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理