在庫管理/棚卸術定量発注方式|在庫管理方法

定量発注方式とは

ある数量を在庫が下回ると、固定量を発注する方式のことです。
最低でもストックしておくべき安全在庫を下回らないように発注点を設定します。
その発注点を在庫が下回ると、定量発注を行います。
在庫の使用量に依存するため、発注は不定期になります。

定量発注方式のメリット

発注点を超えてから発注を行うので、在庫を最小化できます。
足りなくなったら発注を行うため、直感的で管理しやすい方式です。

定量発注方式のデメリット

発注漏れがあると在庫量が致命的になってしまいます。発注漏れを防ぐアラートが必要になります。
需要変動の大きな商品は、定期的に安全在庫・発注量の見直しが必要になります。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

発注方式に関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理