在庫管理/棚卸術ダブルビン方式I 在庫管理方法

ダブルビン方式(複棚法)とは

2つの容器(棚)を用意して同じ在庫を置いておき、片方から出庫する方式のことです。
片方が空になったらもう一方の容器から出庫して空になった容器の中身を発注します

ダブルビン方式(複棚法)が適している物品は、ABC分析で重要でないCランク該当の商品や、単価が安い資材が対象となります。

ダブルビン方式のメリット

直感的で非常に管理しやすい方法です。
また、常に予備があるので在庫がなくなるリスクがほぼありません。

一見することで在庫量の把握が可能なため、在庫管理表を整理しなくても運用できます。
ABC分析のCランク商品管理に有用な方式となります。

ダブルビン方式のデメリット

常に予備を置いておく必要があり、在庫水準は過剰になりがちです。
商品数が増えてくるとスペースも必要になってしまい、倉庫のスペースを圧迫してしまいます。

効率的な在庫管理を目指す際は、定期発注方式定量発注方式を目指すのが良いかもしれません。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

発注方式に関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理