在庫管理/棚卸術固定ロケーション管理|在庫管理方法

固定ロケーション管理

固定ロケーション管理とは、商品ごとに保管するロケーションをあらかじめ決める手法です。
商品の種類の入れ替えがあまりない業種で用いられる場合が多いです。

固定ロケーション管理のメリット

同じ商品は常に同じロケーションで管理されているため、在庫を探し回る必要はほぼありません。
一度商品ごとのロケーションを覚えてしまえば、効率的と言えます。

固定ロケーション管理のデメリット

ある商品の在庫が無くなり、ロケーションが空いたとしても、その場所に他の商品を置くことができません。
逆に、ある商品に割り当てたロケーションがいっぱいになっても他のロケーションに置くことができません。
そのため十分に広い倉庫が必要になります。
また、商品の種類の入れ替えがあった場合、置き場所を変更する必要もあります。
商品の入れ替えが激しい業種では、この管理方法は適していないと言えます。

スマートマットによるロケーション管理では、これらのデメリットがありません。

固定ロケーション管理のポイント

  • 商品をそれぞれ固定のロケーションで正確に管理すること
  • 在庫を探し回る必要がなく、作業効率を高めるためには効果的
  • 在庫の増減に偏りがあると、使われている棚と空いている棚の偏りが出てしまい棚を効率的に利用することが難しい。

固定ロケーション管理に適した業界

商品の種類が細かく分けられており、混ざってしまうと見分けることが難しいような業界で適しています。例えば医療品の注射器などのように、サイズや用途が多様な商品を扱う際には固定ロケーション管理が適しています。
また、在庫の入れ替わりが少ない商品を扱う際にも固定ロケーション管理は効果を発揮します。オフィスで用いられるプロジェクターやポインター、また農業で用いられる用具など、商品というよりも業務に用いる道具を管理する際に適した管理方法といえます。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

ロケーション管理に関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理