在庫管理/棚卸術RFIDで棚卸 I 在庫管理方法

RFIDとは

RFID(Radio Frequency Identification)とは、商品や在庫に貼り付けられたICタグを リーダライタを用いて電波で読み取る、読取機などを含めたシステムの総称の仕組みのことです。

ICタグはRFタグや電子タグ、非接触タグなどとも呼ばれており身近な例ですと Suicaやプリペイド型電子マネー楽天Edyなどに利用されています。

RFIDのタグの種類は以下となります。

  • ・バッテリー非内蔵の「パッシブ型」RFタグ
  • ・バッテリーが内蔵されている「アクティブ型」
  • ・最初に起動されるまではパッシブタイプとして動作し、起動された後はアクティブとして動作する「セミアクティブ型」

さらにRFタグは以下の通信規格があります

  • ・フィリップス社開発「Mifare」などの「Type A」
  • ・モトローラ社開発の高セキュリティ規格「Type B」 (運転免許証などに利用)
  • ・ソニー社開発「FeliCa」(Suicaなどに利用)

バーコードの場合は、実際にバーコードを1つずつ読み込む必要がありますが、RFIDの場合は電波により複数のタグを一括で読み取ることができます。

数メートルから数十メートル離れていても読み取り可能です。またRFタグには、値段や製造年月日などの情報が含まれているので、他の商品と在庫数が混ざる心配もありません。

RFIDのメリット

リーダライタを在庫に近づけるだけで一括で読み取りを行えるので、在庫を奥に並べても電波が届く範囲であれば実在庫をカウントできます。
もちろん、リーダライタで読み取りした在庫データはシステムに自動で反映される仕組みとなっています。

RFIDの問題点

入庫時に全商品にICタグを貼り付ける必要があります。

また、RFタグは1枚10円以上するため低単価の商材(100円など)を大量管理すると コスト原価を圧迫します。(こちらは今後改善してロットにもよると思いますが、一枚1円以下になるようです) さらに、在庫管理の商品の数が多い場合は、大変な作業となってしまいます。

また読み取りの仕組み上、アルミフィルムのような金属系のものがタグとリーダライタの間にあると 電波を遮断し、読み取りできないようです。

リーダライタ、在庫管理分のICタグ、システム利用料など用意するものが多く 高額な導入費用がかかることが多いため、大量の在庫を保持しているユニクロやGuなどで導入されて います。(RFID導入でセルフレジが非常に簡単にできるようになったようです)

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

棚卸に関するコラム

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

5S ABC分析 ロケーション管理 入出庫管理 在庫管理システム全般 棚卸 生産管理システムの在庫管理 発注方式 販売管理システムの在庫管理