事例働き方改革

2019年4月より、ついに働き方改革法案が施行されました。
処遇改善・労働生産性向上・長時間労働の是正、柔軟な働き方の環境整備、多様な人材の活躍に関する9つの分野にまたがる大きな法案です。

具体的には、下記3つの視点から働き方を変えることが求められています。

労働効率化: 労働生産性を上げて、残業を減らす。
労働多様化: ITツールを活用して在宅・オフィス外で仕事ができるように
労働一般化: 高齢者・育児中の女性も働きやすいように

残業や有給休暇の申請に関して、違反した企業には罰則も与えられるようになるため、
とりわけ労働者1人平均有給休暇取得日数が少ないとされる建設業、卸売行、小売業、宿泊業、飲食サービス業、生活関連サービス業、娯楽業の業界にとっては業務の標準化・効率化を通じて、労働生産性を高めることは喫緊の課題です。

IoT機器スマートマットは、在庫チェック・在庫量のカウントといった単純作業を標準化・機械化するために、幅広い業界で活用されています。
単純作業を機械化することで、社員のモチベーション低下を防ぎ、人の生産性を大きく高めています。
コードレスで、置き場所を選ばない点も導入の決め手になっています。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

働き方改革の個社事例

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

オフィスIoT 飲食IoT スマート工場 物流IoT 流通IoT スマートホテル 医療IoT 介護IoT スマートホーム その他サービス業
人手不足 働き方改革 発注ミス 過剰在庫・欠品 盗難防止 資材管理 仕掛品管理 物流効率化 ゴミ回収 遠隔監視 賞味期限管理 フードロス 冷蔵庫管理 消費データ 異常検知