事例仕掛品管理

完成品はきちんと管理していても、仕掛品はおざなりになっていませんか?
当社IoT機器スマートマットの導入により、仕掛品をはじめとする備品の自動在庫管理・発注を可能にします。
製品を生産している途中で、組立や加工を行う最中のもの全てを指す仕掛品は、 製造リードタイムが長ければ長いほど、種類と量は増えていきます。

在庫の単価は、以下のようになっています。

部品(材料)< 仕掛品 < 製品

仕掛品は、各種部品の組み合わせでもありますが、作業や加工などの人件費もかかっています。つまり、在庫としての単価は、単なる部品コストの組み合わせではありません。仕掛品がたまると、部品をはるかに超えるコストが流出します。

また、仕掛品の在庫は必要最小限になるような管理をしないと、工程が複雑になって、混沌とした生産ラインになってしまい、
生産効率の悪化にもつながります。
実際の現場では納期の迫っている注文から優先的に流そうとするため、部材がそろい次第、空いている設備に投入していきます。
その影響が他の注文、他の設備に波及して、あちこちに仕掛品の滞留ができ、人の手に負えなくなって計画も立てられなくなるのです。
その結果、結局納期遅れを引き起こすことになり、それによる失注も発生しかねません。

IoT機器スマートマットは、在庫チェック・在庫量のカウントといった単純作業を機械化するために、幅広い業界で活用されています。
仕掛品の在庫管理を自動化することで、仕掛品の在庫を必要最小限になるように調整することができます。
仕掛品の滞留もなくし、生産性を大きく高めます。
コードレスで置き場所を選ばないことも、導入の決め手になっています。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

仕掛品管理の個社事例

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

オフィスIoT 飲食IoT スマート工場 物流IoT 流通IoT スマートホテル 医療IoT 介護IoT スマートホーム その他サービス業
人手不足 働き方改革 発注ミス 過剰在庫・欠品 盗難防止 資材管理 仕掛品管理 物流効率化 ゴミ回収 遠隔監視 賞味期限管理 フードロス 冷蔵庫管理 消費データ 異常検知