事例物流効率化・物流費高騰

物流業界では、消耗品・資材を納める際、エンド・ユーザーから急に発注依頼がくるので、配送効率が改善されないという現状があります。
エンド・ユーザーの立場から見れば「配送会社が直ぐに持参して当たり前」との意識が強く、在庫が無くなる直前まで連絡が来ないケースもあります。
現在の受動的な消耗品在庫管理体制から、能動的な体制にシフトチェンジする必要があります。

IoT機器スマートマットの導入により、在庫管理・発注を自動化することができます。在庫を可視化するので、消費スピードを自動計算し、平均消費速度の分析から発注点を最適化します。在庫が急激に減った場合には異常検知アラートが作動し、急な需要変動にも早期に対応することもできます。
管理画面を通じて資材の一元管理ができ、エンド・ユーザーの視点から見ても、資材切れを気にする必要がなくなり、トラブル回避になります。
長期的な視野で見れば、Fax発注またはメール発注を通じた、顧客からの受注業務の省人化・自動化も可能です。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

物流効率化・物流費高騰の個社事例

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

オフィスIoT 飲食IoT スマート工場 物流IoT 流通IoT スマートホテル 医療IoT 介護IoT スマートホーム その他サービス業
人手不足 働き方改革 発注ミス 過剰在庫・欠品 盗難防止 資材管理 仕掛品管理 物流効率化 ゴミ回収 遠隔監視 賞味期限管理 フードロス 冷蔵庫管理 消費データ 異常検知