事例物流IoT

物流現場やサンプル品・資材を置いている顧客先での日々の在庫管理や受注業務。
急な配送依頼を受け、やむなく人海戦術で多くの配送員を割き、在庫補充を行っていませんか?
当社IoT機器スマートマットは、これらの在庫管理・発注業務を自動化します。
面倒な集荷業務・在庫管理業務から解放され、業務効率化、労働生産性の向上、配送員のモチベーション・アップも見込めます。人件費のコスト削減も可能です。

スマートマットは、現在業界問わず幅広く導入、活用されています。
持ち運びも簡単であり、ケーブルレスで置き場所にも困らない点が導入の決め手になっています。

業務上の課題

肉体労働で人手の確保が大変、一人当たり労働生産性を上げたいが得意先から急な集荷依頼が増えてきている…
物流・配送現場では、取扱う商品数・在庫数は必ずしも多くない一方、得意先に顧客ロゴ入り段ボールやサンプル品を一定数置き、欠品間近になると急な配送依頼を受けざるを得ない等、常に人海戦術で多くの配送員を割きリアルタイムで在庫補充を行う場面が多く見られます。
当社IoT機器スマートマット導入を通じ、物流現場やサンプル品・資材を置いている顧客先での日々の在庫管理や受注業務の自動化が可能です。
在庫管理や受注業務を自動化することで、物流現場での非効率的な集荷業務・在庫管理業務から解放され、労働生産性の向上と配送員のモチベーション・アップといった効果が見込まれます。
IoT機器スマートマットは以下のようなシーンで物流現場における在庫管理・棚卸・発注業務の悩みを解決可能です。

お客様の生の声
副資材やサンプル品の欠品・配送遅延を過去に起こしたことがあり、顧客満足度が著しく下がった
人海戦術に頼る配送体制からスマートな配送体制に変革を遂げたい
遠隔地からの集荷・配送依頼があり配送員の営業効率が極端に悪い
配送コストが収益を圧迫しており、配送回数を極力減らしたい
既存システム(WMS)だけでは在庫管理を効果的に行えない
物流 在庫管理 ダンボール物流 在庫管理 備品物流 在庫管理 倉庫物流 在庫管理 ダンボール

計測商品・置き場所の例

倉庫・物流会社では、通常在庫は管理するものの、包装資材・緩衝材などの備品類を全く在庫管理しないケースが多いです。
広大なスペースの中で床・棚のいずれも置かれ、まとまった単位になると物流パレットごとの残量管理になることもあります。

計測商品(例)
ダンボール・PPテープなどの包装・梱包資材
発泡スチロールなどの緩衝材・保護資材
顧客先の資材類の遠隔監視
出荷後の荷物
置き場所(例)
物流パレットの上(複数マットで対応)
倉庫内保管部屋の床
倉庫内の棚
配送車の中
物流 在庫管理 資材物流 在庫管理 ダンボール物流 在庫管理 パンフレット物流 在庫管理 倉庫

スマートマットによる効果

スマートマットで業務を自動化することで、物流施設・倉庫における在庫管理・発注業務が大幅に楽になります。
広大な倉庫でのオペレーション改善になるため、工数・生産性に対するインパクトが大きいです。ドライバー不足で悩む現場では、配送ルートや積載率に直結するため大幅なコスト削減に繋がります

業務効率化
広大な敷地の中で、残量を集中管理することで、効率的に補充が可能に
既存WMSとのAPI/CSV連携により、今まで見えなかったリアルタイム実在庫の管理が可能に
配送効率の向上
広い敷地・遠方への配送の中で無駄な動きが減ることで、生産性が劇的に向上
荷物が一定量を下回った際だけ補充する、効率的なサプライチェーン・マネジメントが可能
ビル内配送でも、全拠点を見回ることなく、ピンポイントで補充することが可能
資材欠品による納期短縮
備品とは言えども、欠品すると出荷できず、納期に影響あり
それにより生産機械が動かない、特急調達してなんとか生産する事態がなくなり、納期が守れる
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

物流IoTの個社事例

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

オフィスIoT 飲食IoT スマート工場 物流IoT 流通IoT スマートホテル 医療IoT 介護IoT スマートホーム その他サービス業
人手不足 働き方改革 発注ミス 過剰在庫・欠品 盗難防止 資材管理 仕掛品管理 物流効率化 ゴミ回収 遠隔監視 賞味期限管理 フードロス 冷蔵庫管理 消費データ 異常検知