事例消費データ・消費動向

消耗品は日々消費され、その都度発注をかけられ補充されています。
世間には、消耗品の消費データは存在しません。
仮に消耗品の消費データがあれば、消費動向を把握できるので非常に便利です。
無駄に発注をかけてしまったり、逆に発注数が少なすぎたりすることもなくなるでしょう。

当社IoT機器スマートマットの導入により、在庫管理・発注の自動化を可能にし、消耗品の消費動向をデータ化することが可能です。 消費データは、単に発注ミスを防ぐのみならず、マーケティング分析に大いに活用することができ、オペレーション最適化にも有効です。

現在、スマートマットは幅広い業界で導入されています。 電池・電源両方で使用可能なため、置き場所を選ばない点も導入の決め手になっています。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

消費データ・消費動向の個社事例

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

オフィスIoT 飲食IoT スマート工場 物流IoT 流通IoT スマートホテル 医療IoT 介護IoT スマートホーム その他サービス業
人手不足 働き方改革 発注ミス 過剰在庫・欠品 盗難防止 資材管理 仕掛品管理 物流効率化 ゴミ回収 遠隔監視 賞味期限管理 フードロス 冷蔵庫管理 消費データ 異常検知