事例スマート農業/水産業IoT

農業や農家などの生産者の課題・悩み

日本の農業・農家には今もなお、たくさんの課題や悩みが残されています。

その中でも特に深刻な悩みが「生産者の人手不足」。
近年、日本の人口減少とともに農業・農家になる若者も少なくなっています。

また、後継者不足も大きな課題。
農業・農家従事者の高齢化が進んでいるのが現状で一人あたりの負担が大きくなっていて、生産性などの保持が難しくなっています。

そこで日本政府は農業・農家減少の課題解決の施策として、先進技術を活用した対策を始めました。

農林水産省は2015年3月に「『スマート農業の実現に向けた研究会』検討結果の中間取りまとめ」を公表。
その中で、「ロボット技術やICT等の先端技術を活用し、超省力化や高品質生産等を可能にする新たな農業」をするとの記述があります。

政府もAIやIoTなどのロボット技術を活用し、品質生産の向上や省力化の向上を目指しています。

IoT機器スマートマットとは

スマートマットは在庫管理・発注が自動化できるIoT機器。
マットの上に乗せた物の重さを 重量センサが検知し、計測データをクラウド上で見える化でき、通信環境があれば、どこでも簡単に導入可能なIoTソリューションです。

個数のみならず%での表示も可能なので農産物の在庫管理にも適しています。

農業におけるスマートマット導入のメリット




1、農薬在庫の見える化

農薬の在庫管理に手書きでの在庫台帳や管理簿、エクセルなどを使っている方は多いと思います。
ただ、手書きだと手間がかかったりミスも起こりがちで棚卸の際、実在庫と数が合わないことも。

スマートマットを導入すれば、クラウド上に保存した在庫データをウェブ画面上で確認でき、全ての農薬在庫が一元見える化が可能になります。

また、設定された基準値を超えるとメールでアラート・発注できる機能も付いているので「農薬がない!」という心配もなくなります。

2、棚卸作業の自動化

米や野菜、果物などの農産物や農薬の棚卸作業はすごく大変。
しかし、最初からスマートマットを使用すれば大変な棚卸の手間やミスもなくなります。

スマートマットは一度に全種類の在庫データをウェブ画面上で確認することが可能。
わざわざ倉庫などにいって一つ一つ在庫量を数える手間が省けます。

3、農産物の賞味期限管理

収穫した農産物をスマートマットの上に置くだけで何日経ったか計測することも可能。
賞味期限が近い農産物の出荷ミスを防げます。

4、納品先店舗での農産物管理

レストランなど納品先店舗のバックヤードにスマートマットを設置すれば遠隔からでも実在庫の残量確認ができるので、わざわざ在庫量を見に店舗に行く手間が省けます。

ある一定の在庫量が減るとメール・アラートで教えてくれるのでそのタイミングで補充すれば在庫切れの心配もありません。

5、店舗スタッフの作業効率化

目視による在庫管理は時間も手間もかかり、業務の負担に。
スマートマットを使用することで在庫確認・発注の手間が省け、業務負担軽減になるので作業の効率化もアップします。

お客さまの声

スマート農業のにんにく農家

自動発注

にんにく農家

最適なタイミングで補充ができ、店舗側の作業負担も軽減できた

スマート農業のいちご農家

業務効率化

いちご農家

納品先店舗まで在庫量を確認しにいくことがなくなり、業務効率化がアップした

スマート農業のコメ農家

在庫管理

コメ農家

米の在庫が遠く離れた倉庫でもどれくらいあるか見える化できてよかった

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

スマート農業/水産業IoTの導入事例

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

オフィスIoT 飲食IoT スマート工場 物流IoT 流通IoT スマートホテル 医療IoT 介護IoT スマートホーム その他サービス業 スマート農業IoT
人手不足 働き方改革 発注ミス 過剰在庫・欠品 盗難防止 資材管理 仕掛品管理 物流効率化 ゴミ回収 遠隔監視 賞味期限管理 フードロス 冷蔵庫管理 消費データ 異常検知