事例スマート農業/水産業IoT

農業や農家などの生産者の課題・悩み

日本の農業は、品質の高さや安全性が注目される一方で多くの課題を抱えています。

その中でも特に深刻なのが「生産者の人手不足」。
日本の人口減少が原因で農家になる若者は少なく、さらに従事者の高齢化なども生産力低下を後押ししています。
また、後継者不足も大きな課題。
次世代の農業を担う人材が確保できず、数年先の経営も危ぶまれる農家はますます増えています。

そこで日本政府は、農業の再興に向けて先進技術を活用した施策を始めました。

農林水産省は2015年3月に「スマート農業の実現に向けた研究会 検討結果の中間取りまとめ」を公表。※
その中で、「ロボット技術やICT等の先端技術を活用し、超省力化や高品質生産等を可能にする新たな農業」をするとの記述があります。

政府もAIやIoTなどのロボット技術を活用し、品質生産の向上や省力化の向上を目指しています。

※農林水産省HP スマート農業の実現に向けた研究会より抜粋

IoT機器スマートマットとは

スマートマットは在庫管理・発注が自動化できるIoT機器。
計測したい物を上に乗せ、重量ベースで在庫の個数を計測する体重計のような機器です。計測データをクラウド上で見える化でき、通信環境があれば場所を選ばずに使用できるIoTソリューションです。

平坦な形状であるため、狭い場所・小さい商品に対して利用できる強みを持ちます。さらに複数枚を並べて利用することで、大型の商品を管理することもできます。

農業におけるスマートマット導入のメリット




1、農薬在庫の見える化

農薬の在庫管理に手書きでの在庫台帳や管理簿、エクセルなどを使っている方は多いと思います。
ただ、これらの方法には手間や確実性の面に多くの問題があります。特に、棚卸の際に実在庫と数が合わないことは致命的です。

スマートマットを導入すれば、クラウド上に保存した在庫データをウェブ画面上で確認でき、全ての農薬在庫が一元見える化が可能になります。
また、設定された基準値を超えるとメールでアラート・発注できる機能も付いているので「農薬がない!」という心配もなくなります。

2、棚卸作業の自動化

米や野菜、果物などの農産物や農薬の棚卸作業はすごく大変。農業に用いる在庫は重いものが多く、高齢化の進む農家にとって棚卸は大変な負担です。
しかしスマートマットを使用すれば、大変な棚卸の手間やミスもなくなります。マットの上に在庫をおくだけで良いので、人の手による作業がそもそも必要ありません。

スマートマットは一度に全種類の在庫データをウェブ画面上で確認することが可能。わざわざ倉庫などにいって一つ一つ在庫量を数える手間が省けます。

3、農産物の賞味期限管理

収穫した農産物をスマートマットの上に置いてから、何日経ったか計測することも可能。農産物の賞味期限切れを防げます。
丹精込めて育てた農産物を、もれなく消費者のもとに届けましょう。

4、納品先店舗での農産物管理

納品先店舗との連携にも役立ちます。
レストランなどのバックヤードにスマートマットを設置すれば、遠隔地からでも実在庫の残量確認ができます。わざわざ在庫量を見に店舗に行くことなく、納品先の店舗での売れ行きを把握できます。

在庫量が一定の数値を下回るとメール・アラートで通知が来るため、納品先店舗とダブルチェックで在庫切れを防止することができます。

5、店舗スタッフの作業効率化

目視による在庫管理は時間も手間もかかり、業務の負担に。
スマートマットを使用することで、在庫確認・発注の手間が省け作業の効率化もアップします。 その分お客様サービスに力を割くことができ、店舗での売り上げ向上に貢献します。

お客さまの声

スマート農業のにんにく農家

自動発注

にんにく農家

最適なタイミングで補充ができ、店舗側の作業負担も軽減できた

スマート農業のいちご農家

業務効率化

いちご農家

納品先店舗まで在庫量を確認しにいくことがなくなり、業務効率化がアップした

スマート農業のコメ農家

在庫管理

コメ農家

米の在庫が遠く離れた倉庫でもどれくらいあるか見える化できてよかった

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

いますぐ無料資料を受け取る

オフィスIoT 飲食IoT スマート工場 物流IoT 流通IoT スマートホテル 医療IoT 介護IoT スマートホーム その他サービス業 スマート農業IoT
人手不足 働き方改革 遠隔監視 発注ミス 過剰在庫・欠品 盗難防止 資材管理 仕掛品管理 物流効率化 ゴミ回収 賞味期限管理 フードロス 冷蔵庫管理 消費データ 異常検知