CASE事例

飲食店IoT

某飲食チェーン店様の事例|生鮮食品の在庫管理を自動化・自動発注

飲食業者

全国に飲食事業を展開している業者

業務上の悩み

人手不足の状況が深刻で、在庫管理・発注を店長自身がやらざるを得ず、労働環境の改善が必要な状況

また発注方法もFaxなので手書きでの間違いも非常に多く、発注方法の改善も必要だった

在庫ロスの問題もあり、賞味期限管理が出来ていない部分もあり管理業務次第で利益を圧迫している状況だった

自動発注ソリューションの内容

各冷蔵ケースにスマートマットを設置し生鮮品の管理を実施。賞味期限が近いタイミングでアラートを実施することで注意を喚起

またeFaxとの連携も行いメイン商品である生鮮品を自動発注する方法を実施し、在庫管理だけでなく発注自動化も実現

自動発注の今後・結果

メイン商品に限らず他のサブ商品でも展開を行い管理商材を増やしていく

その他、飲食事業社に対してスマートマットを含めた在庫管理パッケージとして展開をする予定

デモ依頼、無料貸出、管理ソフト・カスタマイズの詳細は資料にて
資料請求はこちら

飲食店IoT事例の一覧