事例発注や棚卸から解放され、在庫数のリアルタイム管理が可能に。自動発注でも通常通りの発注フローが実現できた。

資材管理・備品管理 飲食店/居酒屋/レストランIoT

発注や棚卸から解放され、在庫数のリアルタイム管理が可能に。自動発注でも通常通りの発注フローが実現できた。

株式会社EBILAB/ゑびや商店
代表取締役/CEO 小田島春樹さま

来客予測AIをはじめとするサービス産業の経営支援AIツールの開発や、AI/IoTを活用した業務効率化の研究・展開、また和食レストランと特産品の販売店として創業100年の老舗「ゑびや商店/食堂」を営む。

伊勢神宮の横にゑびや商店/食堂を構える。自社でも「Touch Point BI」という来客予測AIをはじめとするサービス産業の経営支援AIツールの開発をし、業務効率化の研究をしている。在庫管理や発注も自動化できないかと解決できるツールを探していたところ「スマートマット」に出会う。
在庫管理や発注自動化という課題解決に向け、スマートマットを導入したのか株式会社EBILAB/ゑびや商店 代表取締役 CEO 小田島春樹さんにお伺いしました。

AI/IoTを活用した業務効率化の研究・開発企業

最初に、EBILAB/ゑびやの会社概要についてお聞かせください。

来客予測AIをはじめとする業務効率化の研究・展開を行っている企業

小田島様:

EBILABは2018年6月ゑびやの開発部門を独立して設立された、来客予測AIをはじめとするサービス産業の経営支援AIツールの開発や、AI/IoTを活用した業務効率化の研究・展開を行っているシステム開発企業です。
ゑびやは、伊勢の観光客を対象に和食レストランと特産品の販売店を営む、創業100年の老舗です。
私が入社した2012年当時は、経験に基づく「勘」で意思決定を下す経営でした。そこからデータ・ドリブン経営にシフトしていくにあたり、様々なデータを収集する中で、2016年に独自で来客予測開発に着手。
現在では的中率9割の精度で「翌日の来客数」を予測し、それに基づいた店舗運営を行うことで様々な効率化を実現しています。

ゑびや商店の外観

入社当時は経験と勘での経営でした

スマートマットをお知りになったきっかけについて教えてください。

展示会で自動発注という課題解決にベストな仕組みを見つけた。

小田島様:

以前から発注の問題を解決できる仕組みを探していました。スマートマットとの出会いの時も、東京の展示会に自社の発注の問題を解決できる仕組みを探しに行ったということがきっかけです。
当時、展示会会場で体重計にビールを乗せていた林代表とお会いして、自動発注の仕組みの説明をしていただきました。その当時はBtoC向けのサービスだということでしたが、これは自社の課題解決にも対応できるんじゃないかと思い、そこからいろいろと相談をさせていただきました。
当初はBtoC向けのサービスだとお伺いしていたのですが、話の内容を聞けば聞くほどこれこそ飲食店や小売店に活用することが可能ではないかと感じ、私たちが日々使っているFAXやメールに注文を流せるような仕組みを依頼させていただきました。

ゑびやバックヤードでの在庫管理

自動発注するという分野を解決したい思いが強かった

スマートマットを導入する以前の業務上の悩みはどういったものでしたか?

将来的に人手がいらない店舗開発をしていきたい

小田島様:

弊社は元々店舗で行われている様々な事務作業やデータ入力を自動化するというソリューションを開発してることもあり、将来的には人の手を介在しなくても運営できる店舗の開発を進めておりました。
様々なものを自動化していきながらも、発注という分野がどうしても開発するのが難しく、ここを解決したいという思いが強かったです。

自動発注するという分野を解決したい思いが強かった

スマートマットの導入を決めたきっかけは何ですか?その際に不安はありましたでしょうか?

きっかけや不安はとくにありませんでした

小田島様:

導入を決めたきっかけは、このサービスプロダクトを見た瞬間に決めました。
特に不安というものはなく、何かトラブルがあれば一緒に解決をして作りこんでいき、良いサービスにできればというような思いでした。

お土産類をスマートマットを使って在庫管理している

自動発注するという分野を解決したい思いが強かった

実際に導入してみて良かった点とデメリットがあれば教えてください。

発注や棚卸にかかる労力から解放されたのが革命的でした

小田島様:

まずは、この自動発注という仕組みがちゃんと動くことに驚きました。実際に発注される先についても、私たちが自動発注を使ってるということを意識してもらわず通常通りの発注フローを回すことができたこと。これが一番良かった点かと思います。
また、発注だけではなく在庫の数量をリアルタイムで確認できることが棚卸を不要とする結果に繋がりました。やはり店舗においては発注や棚卸という作業に多くの時間と労力を使っていますので、この部分から解放されることは店舗運営においても革命的であったと思います。

スマートマットを使って消耗品管理

自動発注するという分野を解決したい思いが強かった

スマートマットに対する今後の要望や展望をお聞かせください。

価値のある仕事に集中できる未来を一緒に築き上げて行きたい

小田島様:

今後は全ての製品をスマートマットで発注ができるように、自動発注倉庫の設計を始めております。全ての在庫管理・発注までをスマートマットで完結させることで発注・棚卸業務から人類を解放できると考えています。
新しい店舗を出店する際には什器にスマートマットを植え込み、店頭在庫から直接発注に飛ぶような店舗設計も検討しています。
発注と棚卸を自動化することにより、人々が価値のある仕事に集中できる未来を一緒に築き上げていくことに期待いたします。

ゑびや商店の店頭
取材後記

EBILABは最新AI・IoTを駆使し、ゑびや商店や食堂を営んでいます。
創業100年を超える老舗店舗。

和をモチーフに洗練された店内は、伊勢神宮の外宮・内宮周辺を訪れた参拝客や観光客でランチ・ディナーに限らず毎日のように賑わっています。グルメランキングでも評価は高く、食べログでは3.5以上。
食堂では伊勢海老や松坂牛などを使用した料理を提供。ゑびや商店(お土産屋)ではご当地名物「伊勢うどん」をはじめ特産品をメインに商品を取り扱っています。

食堂、商店と商品は100を超え、在庫管理や棚卸作業は社員にとって重労働。
スマートマットを導入したことで作業の手間の大幅削減に成功し、よりよい接客を実現できました。

食堂、商店のみならず、居酒屋や牛丼店、焼肉屋でも大活躍しています。
スマートマットは飲食店をはじめとした、お店や倉庫での在庫管理・棚卸・発注作業から解放されることをお手伝いします。

EBILAB/ゑびやの導入詳細

業務上の悩み ◆ 人の手を介在しなくても運営できる店舗の開発を進める中、発注だけが課題だった
導入目的 ◆ レストランの食材や特産品の販売商品などの発注の自動化
利用場面・管理商材 ◆ レストランの食材や特産品の販売商品などの管理
導入内容・結果 ◆ 通常通りの発注フローを回すことができた
◆ 在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要に
今後の展開 ◆ 全ての在庫管理・発注までをスマートマットで完結させたい
◆ 什器にスマートマットを植え込み、店頭在庫から直接発注に飛ぶような店舗設計も検討
スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

資材管理・備品管理事例の一覧

リネンや食材・ドリンク類の管理を自動化。働き方改革への第一歩に|FIKA(宿泊業)

株式会社FIKA 人事:范さま 都内に3軒のホステルを展開。ホステルの運営を中心としたインバウンド関連事業を手掛け、ホステル業界に革新を進める。 UNPLANのブランドページはこちら。 ホステルの運営に際し、「ルーティン […]

オフィス内のコピー用紙や備品の発注を自動化し、補充効率化を実現 | 通販大手アスクル

IoT機器スマートマットを活用したコピー用紙自動配送サービス化に関し、今回はアスクル株式会社BtoBカンパニーOAPC事業本部の堀田様、竹久様にお話を伺いました。 ASKULのサービス概要についてお聞かせください。 堀田 […]

Scentee|IoT導入を通じてルームディフューザーや香料などの在庫数を把握

IoT機器スマートマットを活用した在庫管理・発注自動化ソリューションの導入に関し、今回はScenteeの静間様にお話を伺いました。 最初に、Scenteeの会社概要についてお聞かせください。 静間様 Scenteeは、日 […]

発注や棚卸から解放され、在庫数のリアルタイム管理が可能に。自動発注でも通常通りの発注フローが実現できた。

株式会社EBILAB/ゑびや商店 代表取締役/CEO 小田島春樹さま 来客予測AIをはじめとするサービス産業の経営支援AIツールの開発や、AI/IoTを活用した業務効率化の研究・展開、また和食レストランと特産品の販売店と […]

オザックス株式会社|IoT導入+受発注システムの活用を通じて飲食・工場系ユーザーでの在庫管理・棚卸の負担を撲滅したい

IoT機器スマートマットを活用した在庫管理・発注自動化ソリューションの共同展開に関し、今回はオザックス株式会社 情報システム本部の富山様、土谷様にお話しをお伺いしました。 最初に、オザックス株式会社の事業概要をお聞かせく […]

社会福祉法人 善光会サンタフェ総合研究所|IoT導入を通じて介護施設における現場スタッフの業務負担を軽減したい

IoT機器スマートマットを活用した在庫管理・発注自動化ソリューションの導入に関し、今回は社会福祉法人 善光会 サンタフェ総合研究所の福田様にお話を伺いました。 最初に社会福祉法人 善光会の企業概要や理念、ビジョンについて […]

パナソニック株式会社(シリコンバレー・オフィス)|IoT導入を通じてオフィス内での物品管理を省人化したい

IoT機器スマートマットを活用した在庫管理・発注自動化ソリューションの導入に関し、今回はパナソニック(シリコンバレー・オフィス)ご担当者様にお話を伺いました。 スマートマット導入に際して、そもそも業務上の悩みはどのような […]

ホテル運営事業者|食料品・アメニティの在庫管理を自動化

宿泊業者様 全国各所に宿泊施設やレストランを持つ総合宿泊事業者様 業務上の悩み 日常的に利用する食品・飲料・雑品・アメニティなどを管理する必要があり、それぞれ管理担当者がいる状況。 各部門での在庫ロスも多く、総合的に在庫 […]

飲食店/居酒屋/レストランIoT事例の一覧

リネンや食材・ドリンク類の管理を自動化。働き方改革への第一歩に|FIKA(宿泊業)

株式会社FIKA 人事:范さま 都内に3軒のホステルを展開。ホステルの運営を中心としたインバウンド関連事業を手掛け、ホステル業界に革新を進める。 UNPLANのブランドページはこちら。 ホステルの運営に際し、「ルーティン […]

レストランでの自社生産のお米の在庫管理で作業効率がアップ |長野の農園

農園 縁側 農園主:池渕 崇さま 長野県諏訪郡原村で9.5反とハウス4棟にて農業を営む。主な生産物はにんにく、フルーツほおずき、トウモロコシ。 農家にとって畑を離れるのは非効率で農作業がストップすることは致命的な問題。そ […]

食材や消耗品の管理・発注がすべて自動に。作業軽減で人手不足解消 | 焼肉ホルモン三四郎(飲食)

株式会社アリシア 創業者 三四郎さま/現場統括 小松さま 「焼肉のパワーで世界中を元気にする」をコンセプトに焼肉・ホルモン店・中食事業所センターを運営。「おもてなしの心」「和食の繊細な技術」を重視した「日式焼肉」で、世界 […]

空港ラウンジ内の食材やドリンクサービスの食品ロス対策で業務効率アップ | ANA

全日本空輸株式会社(ANA) 大隅さま/安永さま ANAエアポートサービス株式会社 山谷さま ANAを利用する乗客の利便性・顧客体験向上、現場スタッフの業務負担軽減や省人化をテーマに常に業務改善プロジェクトに取り組む。 […]

発注や棚卸から解放され、在庫数のリアルタイム管理が可能に。自動発注でも通常通りの発注フローが実現できた。

株式会社EBILAB/ゑびや商店 代表取締役/CEO 小田島春樹さま 来客予測AIをはじめとするサービス産業の経営支援AIツールの開発や、AI/IoTを活用した業務効率化の研究・展開、また和食レストランと特産品の販売店と […]

山岸宇吉商店|IoT導入を通じて得意先に卸している酒類の自動発注を行いたい

IoT機器スマートマットを活用した在庫管理・発注自動化ソリューションの導入に関し、今回は山岸宇吉商店の山岸様にお話を伺いました。 最初に、山岸宇吉商店の会社概要についてお聞かせください。 山岸様 埼玉県入間市を拠点として […]

オザックス株式会社|IoT導入+受発注システムの活用を通じて飲食・工場系ユーザーでの在庫管理・棚卸の負担を撲滅したい

IoT機器スマートマットを活用した在庫管理・発注自動化ソリューションの共同展開に関し、今回はオザックス株式会社 情報システム本部の富山様、土谷様にお話しをお伺いしました。 最初に、オザックス株式会社の事業概要をお聞かせく […]

ホテル運営事業者|ビュッフェ料理の遠隔監視

地方ホテル・旅館運営会社 西日本を中心に複数のホテル・旅館を運営 業務上の悩み ホテル・旅館のビュッフェ会場で人気の料理を切らしてしまう事態が過去に度々発生。宿泊客からの顧客満足度を下げる一因に 調理場へ的確かつ迅速な指 […]

飲食チェーン店|生鮮食品の在庫管理を自動化・自動発注

飲食業者 全国に飲食事業を展開している業者 業務上の悩み 人手不足の状況が深刻で、在庫管理・発注を店長自身がやらざるを得ず、労働環境の改善が必要な状況 また発注方法もFaxなので手書きでの間違いも非常に多く、発注方法の改 […]

           スマートマット 機能紹介            
           

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求