事例NTT西日本(西日本電信電話株式会社)|スマートホームプロジェクトの一貫としてスマートマットを導入

スマートホーム(IoT)

NTT西日本(西日本電信電話株式会社)|スマートホームプロジェクトの一貫としてスマートマットを導入

スマートホームのコアソリューションの1つとして、ドリンク類や米などのライフラインとなる商材を自動補充。

ユーザー様(パートナー)

NTT西日本様は「ちょっと未来の暮らし創造プロジェクト」を推進中。ICT(情報通信技術)を住まいや各種施設等の不動産に組み込むことで、様々な生活シーンをより安心・快適・便利にするサービスの創出に向けたトライアルを実施している。

業務上の悩み

サービス付き高齢者向け住宅においては、重い日用品・かさばる日用品の買い物は重労働。

スマートホームのソリューションとして、買い物を自動化するようなIoTソリューションが求められていた。

自動発注ソリューションの内容

水や米などのすでに買うものが決まっているライフラインとなる商材を近所のスーパー、またはネット通販サイトから自動発注。

スマートマットの上に商品を置くだけで、パソコンやスマートフォンが使えない方でも簡単に日用品の宅配を受けられるようになる。

自動発注の今後・結果

NTT西日本様のショールームにて、ミネラルウォーターペットボトルの自動発注がかかるスマートマットが動作中。

今後、大阪ガス様との「実験集合住宅 NEXT21」への導入や、サービス付き高齢者向け住宅での実証実験に、スマートマットを用いる計画にしている。

スマートマット 機能紹介

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求

スマートホーム(IoT)事例の一覧

           スマートマット 機能紹介            
           

価格、管理ソフト、費用対効果の詳細は資料にて

無料資料請求