CASE事例

介護IoT

首都圏 老人ホーム運営会社 | 介護用オムツや消耗品の管理自動化

首都圏 老人ホーム運営会社

首都圏を中心に複数の老人ホームを運営

業務上の悩み

人件費高騰や慢性的な人手不足を背景に業務上の負荷が高い介護現場では、一人ひとりの職員が複数の作業を同時に対応する状況が恒常化

老人ホームに対しての納入は提携サプライヤーが定期契約で請け負っているものの、施設内の在庫・残数管理が疎かになりがち

施設内の各フロア、複数拠点で同一商品を管理しているため、「どこに消耗品がいくつあるか」が構造的に見えづらい状況

在庫管理の効率的なソリューション

まずは同一フロアの複数地点にスマートマットを設置し、消耗品(介護用オムツやペーパー・タオル、トイレット・ペーパー)を一元管理化

現状はスマートマット管理画面を通じた消耗品の一元管理と担当者へのメール通知のみでの運用

在庫管理自動化に係る今後の展望

現在はスマートマットを用いて管理する商品数(SKU)が少ないものの、総務担当者が管理画面を通じて在庫を一元管理出来るメリットは体感

将来的には「残個数が一定の基準を下回った際には提携サプライヤーに保管場所まで直接届けてもらう(小分けにする)」ことを検討中

デモ依頼、管理ソフト・カスタマイズの詳細は資料にて

資料請求はこちら

介護IoT事例の一覧